全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>早稲田大、東海大、筑波大、中央大が無傷の2連勝 関東大学バレーボール男子1部オープン戦第3日

トピックス

2021-04-17 19:44 追加

早稲田大、東海大、筑波大、中央大が無傷の2連勝 関東大学バレーボール男子1部オープン戦第3日

関東大学バレー男子オープン戦の結果

大学バレー 男子

 2021年関東大学バレーボール男子1部春季オープン戦第3日は17日、4試合を行い、早稲田大、東海大、順天堂大、筑波大がそれぞれ勝った(無観客、会場非公開)。

 この日で参加11校が出そろい、早稲田大、東海大、筑波大、そして17日に試合のなかった中央大の4校が無傷の2連勝。順天堂大は1年生主体の青山学院大に苦しみながらも3-1で退け、2勝1敗とした。18日は日本大-専修大、早稲田大-中央大、東海大-駒沢大、日本大-青山学院大の4試合を行う。

<試合結果>
早稲田大3(25-20、21-25、25-20、25-17)1専修大
東海大3(25-20、25-20、25-18)0東京学芸大
順天堂大3(28-30、25-22、25-19、25-23)1青山学院大
筑波大3(25-19、20-25、25-21、25-23)1日本大

 なお、男女1部の試合は「UNIVAS(ユニバス)」でライブ配信されている。



写真:縞茉未

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事