全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>12校出そろって本格スタートも、コロナ禍の緊急事態宣言で25日以降は順延。バレーボール2021年度春季関東大学女子1部 

トピックス

2021-04-25 00:01 追加

12校出そろって本格スタートも、コロナ禍の緊急事態宣言で25日以降は順延。バレーボール2021年度春季関東大学女子1部 

春季関東大学女子1部リーグの結果

大学バレー 女子

 2年ぶり開催の関東大学バレーボールリーグ戦、2021年度春季女子1部第3日は24日、2会場で12校が顔を揃えA、Bグループ各3試合を行い、東海大、日本女子体育大、筑波大、日本体育大、青山学院大など上位校が順当に勝利した。
 
 今リーグ戦は6校ずつ2グループに分け、5月8日までの1次リーグでグループ順位を決め、2次リーグ(5月9日~5月23日)で最終順位を争う予定だったが、緊急事態宣言発出を受けて25日以降の日程は順延となった。再開日時は未定。各試合とも無観客のため会場は非公開。
   
<第3日(24日)の結果>
 ▽Aグループ
  青山学院大(1勝)3(25-19、25-20、25-14)0大東文化大(1敗)
  日本体育大(1勝)3(25-12、25-10、25-15)0嘉悦大(1敗)
  日本女子体育大(1勝)3(25-23、25-21、25-19)0日本大(1敗)
 ▽Bグループ
  東海大(3勝)3(25-13、25-23、25-13)0国士館大(2敗)
  筑波大(2勝1敗)3(25-18,25-18、26-24)0順天堂大(1敗)              
  東京女子体育大(1勝)3(25-18、25-20,25-22)0松蔭大(2敗)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事