全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>WD名古屋、トミー・ティリカイネン監督が退団 V1男子

トピックス

2021-04-26 15:18 追加

WD名古屋、トミー・ティリカイネン監督が退団 V1男子

退任スタッフのお知らせ

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MEN ウルフドッグス名古屋(本拠地愛知県稲沢市)は26日、トミー・ティリカイネン監督が2020-21 シーズンをもって退任することを発表した。

トミー・ティリカイネン監督は、2017-18 シーズンよりアンデッシュ・クリスティアンソン前監督から
チームの指揮を引き継いで以降、4シーズンにわたりヘッドコーチとしてチームを率いた。

■トミー・ティリカイネン監督コメント
日本そしてV.LEAGUEでの4年間、本当にありがとうございました。
ここでの経験から得た多くの学びを将来につなげていきたいと思います。また、私たちが皆さんのために準備し、コート上でお見せしたプレーを存分に楽しんでいただけたことを願っています。
このチームの明るい未来に向けて、更にもう一段上のレベルに向け、切磋琢磨を続けてほしいです。
いつかの日かまた会いましょう。ありがとうございました。

■プロフィール
<生年月日> 1987 年6 月2 日(33 歳)
<出 身 国> フィンランド
<チーム戦 績>
2017-18 豊田合成トレフェルサ 2位
2018-19 豊田合成トレフェルサ 5位
2019-20 WOLFDOGS 名古屋 7位
2020-21 WOLFDOGS 名古屋 3位

写真:黒羽白

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事