全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>元日本代表の越川優、今季もヴォレアス北海道でプレー コーチ兼任に「たくさんのことを考えて答えを出した」

会見・コメント

2021-07-16 14:26 追加

元日本代表の越川優、今季もヴォレアス北海道でプレー コーチ兼任に「たくさんのことを考えて答えを出した」

越川優今季も北海道で

V2/V3 男子


バレーボールV.LEAGUE DIVISION2MENのヴォレアス北海道(本拠地:北海道旭川市)は16日、昨季加入した元日本代表のエース・越川優が、今季も引き続きチームでプレーする契約に至ったことを発表した。今季は選手としてだけではなく、選手兼コーチ、チームディレクター(GM補佐)、アカデミーアドバイザーといったたくさんの役職を兼任することとなった。

ヴォレアス北海道は5月に行われたチャレンジマッチであと一歩及ばず、昇格できなかったが、このとき両チームあわせて最多得点を叩き出したのが越川であった。背番号はずっとつけてきた「7」となる。

●越川優コメント
この度、選手として2021-22シーズンもVOREASにてプレーすることが決まりました。契約継続のオファーを早いタイミングで頂きましたが、たくさんのことを考え、答えを出しました。

選手として、1人の人として、何がプラスで、どこで何をする事がプラスなのか。降旗GMともたくさんの話をし、ヴォレアス北海道にとっても、越川優にとってもプラスになる形を探り、今日に至りました。

2021-22シーズンは、選手 兼 コーチ、チームディレクター(GM補佐)、アカデミーアドバイザーとたくさんの役職を預かることとなりました。
そして、背番号も「7」を関根俊哉から、受け継ぎました。
しっかりとそれぞれの立場での役割・責任を果たし、今シーズンこそはV1昇格に向けて、皆さんと共に進んでいきたいと思っております。

2021-22シーズンも、ヴォレアス北海道共々、たくさんの応援よろしくお願い致します。

写真:ヴォレアス北海道提供

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事