全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>V1男子がオールスターゲームを開催。柳田将洋「ケガで十分プレーできなかったことは心残りだが、いつもと違う選手同士のコンビなどを見て、僕自身もワクワクした」

トピックス

2021-12-25 23:02 追加

V1男子がオールスターゲームを開催。柳田将洋「ケガで十分プレーできなかったことは心残りだが、いつもと違う選手同士のコンビなどを見て、僕自身もワクワクした」

V1男子オールスター

V1リーグ 男子

 12月25日、所沢市民体育館(埼玉県)でバレーボールV1男子によるオールスターゲーム「2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 ALL STAR in TOKOROZAWA 男子オールスターゲーム」が開催され、各チームからファン投票とVリーグ推薦により選出された選手たちが「Teamブイリー」と「Teamブイきち」の2チームに分かれて試合を行った。

 Teamブイリーはサントリーサンバーズの山村宏太監督が監督、パナソニックパンサーズの清水邦広選手が主将に。一方のTeamブイきちはパナソニックパンサーズの白澤健児選手兼コーチが監督となり、サントリーサンバーズの柳田将洋選手が主将を務めた。

 試合は終始和やかな雰囲気で進められ、故障中の柳田選手や今村貴彦選手(パナソニック)もサーブでコートに立ち、肩の負傷のため栗山英之選手(FC東京)とチームを入れ替わった李博選手(東レ)はリベロに入ってサーブレシーブをして、観客を楽しませた。このほかにも、リベロの久保田雅人選手(大分三好)がサーブを打ったり、山内晶大選手(パナソニック)がオポジットのポジションに入り、サイドからスパイクを打つなど、普段は見ることのできないプレーが飛び出し、会場に集まったファンも興味深く見守った。

 試合は3-0(25-22、25-22、26-24)でTeamブイリーが勝利。VOMにはTeamブイリーの小野遥輝選手(サントリー)が選出された。
 イベントの最後には出場した全選手からのコメントがあり、最後に選手たちが会場を1周して、締めくくられた。

 イベント後に両チームの主将を務めた清水邦広、柳田将洋両選手の囲み取材があり、清水選手は「久しぶりにオールスターに出場し、普段は敵同士の選手たちとチームを組み、楽しいと感じるバレーボールができたことがよかった」とコメント。一方、柳田選手は「ケガをしてしまい、皆さんにプレーをなかなか見せられなかったことは心残りだが、普段は見ることのできない選手同士のコンビなど、僕自身も心がワクワクしたので、見てくださった皆さんも同じように楽しめたのでは」と語った。

 26日は同じ会場でV1女子の各チームから選出された選手たちがファンフェスタを開催し、ゲーム対決などのイベントを行う。


写真:縞茉未

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事