全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>元日本代表・越川優(ヴォレアス北海道)引退セレモニー開催「引退を決意したのは、12月の天皇杯でウルフドッグス名古屋に敗れた後」

トピックス

2022-03-27 22:50 追加

元日本代表・越川優(ヴォレアス北海道)引退セレモニー開催「引退を決意したのは、12月の天皇杯でウルフドッグス名古屋に敗れた後」

現役引退セレモニー

V2/V3 男子

ヴォレアス北海道は、27日のバレーボールV.LEAGUE DIVISION2 MEN(V2男子)ホームゲーム深川大会終了後、今シーズン限りでの現役引退を発表した、元日本代表の越川優選手(アウトサイドヒッター)の引退セレモニーをおこなった。


ヴォレアスはこのあとV1昇格を賭けたチャレンジマッチ(4月9-10日、小田原アリーナ)を控えているが、この日が越川選手にとっての北海道での最後の試合となることから、越川選手自身から、満員の観客に向けてのメッセージが寄せられた。

越川選手は、昨年12月、天皇杯ファイナルラウンド2回戦でV1のウルフドッグス名古屋に敗れた際、「自分のイメージするプレイができなくなった」として現役引退を決意し、翌日にエド・クライン監督に伝えたことを明かした。
「V2優勝という一つの目標を達成できほっとしているが、2週間後のチャレンジマッチに向け調整し、最大の目標であるV1昇格という目標を達成する」と改めて決意を表明した。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック