全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>ルートイン ・村山美佳「V2で切磋琢磨をして、その代表としてここに来ました」、KUROBE・舛田紗淑「自分たちはV1の選手だという自覚がもっと必要です」 V・チャレンジマッチ会見

会見・コメント

2022-04-15 19:40 追加

ルートイン ・村山美佳「V2で切磋琢磨をして、その代表としてここに来ました」、KUROBE・舛田紗淑「自分たちはV1の選手だという自覚がもっと必要です」 V・チャレンジマッチ会見

女子入替戦 KUROBE対ルートイン 会見コメント

V1リーグ 女子 / V2リーグ 女子

4月10日に四日市市総合体育館(三重県)で行われたバレーボールV・チャレンジマッチ(V1、V2入替戦)第2戦の試合後会見コメントをお届けする。

KUROBE 2(25-23、25-23、22-25、23-25、9-15)3 ルートイン

■KUROBEアクアフェアリーズ

●舛田紗淑主将(アウトサイドヒッター)

今日の試合は昨日の試合よりも厳しい戦いでした。体力的にも辛かったと思います。それは私たちのチームだけじゃなくて、ルートインさんもそうだと思います。やっぱり最後は、本当に勝ちたい気持ちというか、そういう技術的じゃない部分で、相手チームよりも下回ってしまったと思います。それはプレーを見ていても感じるものがありました。
V1残留を決めたという事実はありますが、ああ良かったね、と思えるような試合内容ではありませんでした。今シーズンをトータルで振り返ってみて、シーズンの最後まで厳しい戦いが続いたなと思います。

●福本眸(リベロ)

今日はリベロとして出場したのですが、思ったようなプレーができませんでした。ただひとこと、本当に悔しい。自分がもっとできていればというシーンがすごくありました。自分は内定選手ですが、この舞台ですごく良い経験させていただきました。次は絶対にこの悔しさを活かして、まだまだ自分に足りないところを伸ばすためにも、明日からまた意識を変えてバレーボールに取り組んでいきたいと思います。

ーー舛田主将に。V1残留を決めたことについて。

舛田:まずはほっとしています。V1からV2に落ちることは本当にものすごい出来事というか、絶対にあってはならないことです。V2のチームは、捨てるものがないという勢いで向かってきます。その中で感じる「V1から落ちるかもしれない」というプレッシャーは…我々は背負うものが大きく、負けたら失うものも大きいですし。

私は昨年、入替戦を経験していますが、今年は(怪我のため)一緒にコートに入ることができませんでした。今日、試合が終わった後に多くの選手が泣いてる姿を見て、この悔しさを絶対に忘れてほしくないなと思いました。

その悔しさをバネにして、来シーズンしっかりV1で戦っていく。自分たちはV1の選手だという自覚を一人ひとりが持って戦っていかないと、V1の舞台で戦い抜くことは厳しいと思います。その自覚が必要だということを今日の試合を通じて、一人ひとりが心に植え付けられたんじゃないかなと思います。

ーー姫路と群馬銀行も競った試合をしました。V2の力をどのように感じましたか?

舛田:V1と違うなと感じたのは、レシーブでの粘りです。その点についてV2のチームは本当に素晴らしいなと思っています。今までV1のチームと戦った時に決まっていたようなコースのボールが拾われたりだとか、やっぱりそういうプレーを続けられると、粘り負けてしまいます。1点がほしい時に取れないとか、そういう部分がすごく出た2日間というか。

V1のチームは外国籍選手とか背が高い選手が多くて、攻撃に寄ってしまうところもありますが、V2のチームはディフェンスをすごく磨いてきてると思います。こうしてディフェンスが少し劣ってしまった事実を見せられると…V1のチームはもっとディフェンスに力を割かないと、V2のチームに敗れてしまうこともあるんじゃないかと思いました。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック