全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子は早稲田大が3連勝でリード。女子は筑波大が無傷の6連勝で首位に 関東大学バレーボール春季リーグ戦1部

トピックス

2022-04-25 05:00 追加

男子は早稲田大が3連勝でリード。女子は筑波大が無傷の6連勝で首位に 関東大学バレーボール春季リーグ戦1部

関東大学バレーボール春季リーグ戦1部の結果

大学バレー 女子 / 大学バレー 男子

 バレーボールの関東大学2022年度春季リーグ戦1部は24日、首都圏4会場で男子4試合、女子5試合を行い、男子は昨秋季Vの日本体育大が2-3で東海大に敗れ、3連勝の早稲田大が一歩前に出ています。女子では筑波大が大東文化大を破り、無傷の6勝目をマークして首位をキープ。この日は新型コロナの影響で男子の筑波大-日本大戦、女子の東海大-国士舘大戦が中止・延期となりました。

[男子1部]第4日(24日)
早稲田大(3勝)3-0専修大(1勝1敗)、中央大(2勝)3-1東京学芸大(2敗)、東海大(1勝1敗)3-2日本体育大(1敗)、駒澤大(1勝1敗)3-0慶応義塾大(1勝1敗)

[女子1部]第6日(24日)
筑波大(6勝)3-0大東文化大(4敗)、東京女子体育大(5勝1敗)3-0桜美林大(6敗)、日本女子体育大(2勝3敗)3-2嘉悦大(4敗)、青山学院大(2勝2敗)3-0松蔭大(5敗)、順天堂大(2勝2敗)3-0日本大(2勝2敗)

(注)校名横のカッコ内は今リーグ戦の勝敗

※お詫び:本記事の初出時、中止となっていた女子の東海大-国士舘大戦の結果が掲載されていましたが、誤りです。お詫びして訂正させていただきます。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事