全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>久光、NEC、PFU、東海大が決勝トーナメント進出を決める。東海大は埼玉上尾に勝利し、V1チームに2勝目。筑波大もV1の日立Astemoを下す 黒鷲旗女子

トピックス

2022-05-01 22:57 追加

久光、NEC、PFU、東海大が決勝トーナメント進出を決める。東海大は埼玉上尾に勝利し、V1チームに2勝目。筑波大もV1の日立Astemoを下す 黒鷲旗女子

黒鷲旗女子の結果

V1リーグ 女子 / 大学バレー 女子 / 高校バレー 女子

 第70回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会は1日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪府)でグループ戦2日目の試合を行った。
 女子は計8試合が3セットマッチで行われ、前日にV1のデンソーをフルセットで破った東海大が同じくV1の埼玉上尾と対戦。2セットともデュースにもつれこむが、ストレートで勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。また、久光、PFU、NECもグループ戦最終日を待たずに決勝トーナメント進出が決定した。

 1日は筑波大もV1の日立Astemoをフルセットで下し、金蘭会高が岡山から1セットを奪うなど、初日に続いて大学、高校勢が健闘した。就実高はデンソーとの第2セット、接戦となり、デュースに持ち込んだ。しかし、デンソーは母校に負けられない就実高OGの兵頭由希らが粘りを見せ、接戦を制した。

 外国人選手不在のトヨタ車体は、石川真佑ら日本代表組を欠くものの、エースのヤナ・クランが出場している東レにストレートで勝利した。前日の岡山戦は力を出せないままストレートで敗れていたこともあり、嬉しい勝利となった。

 2日はグループ戦最終日となり、計8試合が行われ、残り4つの決勝トーナメント進出チームが決定する。

【試合結果】
●Cコート
筑波大 2-1 日立Astemo
金蘭会高 1-2 岡山
NEC 2-1 姫路
トヨタ車体 2-0 東レ

●Dコート
就実高 0-2 デンソー
日本体育大 0-2 PFU
埼玉上尾 0-2 東海大
久光 2-0 KUROBE


写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事