全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子代表、キューバに3-1で勝利し、決勝トーナメントへ 世界選手権第1次ラウンド

トピックス

2022-08-30 23:05 追加

男子代表、キューバに3-1で勝利し、決勝トーナメントへ 世界選手権第1次ラウンド

男子世界選手権 第1次ラウンドの結果

全日本代表 男子

 バレーボールの2022男子世界選手権は30日、スロベニアとポーランドで第1次ラウンドの試合が行われ、B組の日本はリュブリャナ(スロベニア)でキューバと対戦。3-1(25-18、21-25、25-15、25-19)で勝利し、第1次ラウンドを2勝1敗の2位で通過。決勝トーナメント進出を決めた。

 日本チームのスターティングメンバーは、西田有志、小野寺太志、山内晶大、関田誠大、髙橋藍、石川祐希(主将)、リベロ・山本智大。石川主将は今大会初スタメンとなった。西田有志は得意とするサーブで得点することができなかったが、スパイク18、ブロック1で日本チーム最多の19得点を挙げた。また、小野寺太志がブロックを6本止める活躍を見せた。

 決勝トーナメントは9月3日(土)から。日本の対戦相手は31日、第1次ラウンドの全日程が終了後に決定する。

写真:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事