全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>栃木、三重、滋賀、広島、福岡、熊本の代表校が決まる。東福岡、鎮西、熊本信愛など 春高バレー都道府県大会

トピックス

2022-11-12 23:58 追加

栃木、三重、滋賀、広島、福岡、熊本の代表校が決まる。東福岡、鎮西、熊本信愛など 春高バレー都道府県大会

春高地区予選の結果

高校バレー 女子 / 高校バレー 男子

第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(以下 春高バレー)の都道府県大会は12日、計6県の決勝戦が行われ、栃木、三重、滋賀、広島、福岡、熊本の全国大会出場校が決まった。
2022年男子全国準優勝の鎮西(熊本)は14年連続35回目の出場、2021年男子優勝の東福岡(福岡)は12年連続14回目の出場となる。また、日本代表の古賀紗理那主将の母校である熊本信愛(熊本)は2年連続34回目の出場を決めた。

12日に決定した代表校は、以下の通り。

●栃木県 男子:足利大附 女子:宇中央・宇中女
●三重県 男子:松阪工業 女子:三重
●滋賀県 男子:近江 女子:近江兄弟社
●広島県 男子:崇徳 女子:進徳女子
●福岡県 男子:東福岡 女子:福工大城東
●熊本県 男子:鎮西 女子:熊本信愛

また、「SPORTS BULL(スポーツブル)」内の「バーチャル春高バレー」にて、全国で行われている都道府県大会の代表決定戦を含む試合をライブ配信している。詳細は、以下のアイコンから。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事