全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>2強、双方譲らず。群馬銀行が首位。アランマーレは無敗継続。浜松、ヴィアティンはフルセットの熱戦に V2女子

トピックス

2023-01-09 11:47 追加

2強、双方譲らず。群馬銀行が首位。アランマーレは無敗継続。浜松、ヴィアティンはフルセットの熱戦に V2女子

V2女子の結果

V2リーグ 女子

2022-23 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN(V2女子)は1月7日、8日にヤマト市民体育館前橋(群馬県)で計4試合を開催した。

7日の第1試合はアランマーレと熊本が対戦。
前試合、V再加入後の初勝利で勢いに乗る熊本が首位アランマーレから第1セットを奪うが、その後の3セットは献上。アランマーレが3-1で勝利し、無敗首位を継続した。

第2試合はホーム群馬銀行と3位につける浜松が対戦。
浜松のサーブに崩されながらも、ブロックとスパイク力で勝った群馬銀行が3-1で接戦をものにした。

8日の第1試合は浜松と三重が対戦。

三重はフロントオーダー(ポジション2と5にミドルブロッカーを配置)に加えて、ミドルの1枚はバックアタックにも入る草深ことみ主将という独特の布陣。新加入ながらも昨季王者のルートインを下し、すでに2勝を挙げる三重は虎視眈々と上位食いを狙う。

試合は双方譲らぬ展開となったが、浜松は身長差20cmのセッター、森木かれんと乾未和を駆使。

現時点での地力の差を見せ、フルセットの試合を競り勝った。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事