全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>トヨタ車体・長野有紗「涙はメダルを獲れなかった悔しさ。決定率という課題と向き合って成長した」 Ⅴ1女子

会見・コメント

2024-05-17 13:11 追加

トヨタ車体・長野有紗「涙はメダルを獲れなかった悔しさ。決定率という課題と向き合って成長した」 Ⅴ1女子

トヨタ車体・長野有紗 インタビュー

V1リーグ 女子

2023-24シーズンは、ミドルブロッカー長野有紗にとって躍進の年になったと言えるだろう。
ヴィクトリーナ姫路よりトヨタ車体クインシーズに移籍。その中で葛藤し、「課題」を克服した長野はシーズンの後半にかけて出場機会を増やし、結果を出した。
姫路時代から注目の選手ではあったが、トヨタ車体に移籍して見せた躍動感のあるプレーはひときわ鮮烈なものがあった。新たな長野有紗の魅力を発見したファンも多くいるだろう。
何かきっかけがあったのだろうか?
第72回黒鷲旗の開催期間中、長野選手に今季を振り返ってコメントしてもらった。

■トヨタ車体クインシーズ
●長野有紗選手(ミドルブロッカー)

――以前もこの場所でお話をお伺いしました。ちょうど1年前ですね。結果として実りの多い移籍になったのではないでしょうか?

長野:率直に「移籍して良かった」というのが第一の感想です。
もちろんシステムなども前のチームとは違いますし、チームメイトとの関係性もまた最初からの構築になりますので、すごく難しい1年ではありました。でも、クインシーズのみんなが積極的に私のことを受け入れてくれて。
リーグの1レグはスタメンではなかったのですが、皇后杯を境に課題にしていたことがしっかり実行できて、結果に結びつけることができました。

――その課題とは?

長野:決定率を上げていくことが求められていました。
年末の試合がない時期に、どうすればそれができるかということを自分なりに考えたんです。スタッフの方にもたくさん手伝ってもらって、毎日同じ練習をずっと繰り返して、最終的に結果が出たと思っています。

ミドルはブロックディフェンスの要になるポジションなので、もちろんブロックも大事だと思います。
でも、攻撃の役割も大きなものがあって、ミドルが真ん中でスピードのある攻撃を通していかないと、両サイドにボールが集中してしまって、苦しい試合になってしまいます。
「ミドルの決定率を上げる」という自分の役割がしっかりできたのは良かったと思っています。

――どういうところを改善した?

長野:もちろん、セッターとのコミュニケーション、コンビを合わせるということも必要です。
でも、それ以外にも自分自身で改善できる部分もあります。
腕を上げる速さとか、ネットとの距離とか、打つタイミングもそうですね。特にその3点をスタッフにも手伝ってもらって、毎日自主練習してきました。

――セッター高佐選手とのコンビについてはどう感じている?

長野:高佐選手はどんな場面でもミドルを積極的に使ってくれます。
私は「打ちたい」タイプなので、信頼して上げてくれることにすごく感謝しています。

――Vリーグファイナル、3位決定戦の記者会見で、会見冒頭から涙されていました。あの涙は?

長野:すごく悔しかったんです。負けたのが。3位なりたかった。メダルを取りたかった。
チームの状態もすごく良くて、今ならどの相手にも勝てると思っていました。少なくともメダルは絶対取れると思っていたので、すごく悔しくて。
自分のプレーについても考えていました。試合ではベストをつくしたつもりでしたが、終わってみたらもっとできることはあったなって。

――黒鷲旗はどういう大会にしたい?

長野:この大会は(リセ)ファンヘッケ選手やハッタヤ(バムルンスック)選手がいません。リーグの時とは高さも戦い方も違ってきます。まずはしっかりボールを最後まで追う。1点決めたら喜ぶ、悔いが残らないようにプレーする、そういう基本的なことを大切にして、試合の中で成長しながら上位を目指せれば、と思ってます。

――ファンに向けて。

長野:(少しはにかんで)たくさん伝えたいことがあります(笑)。
いつも温かいご声援ありがとうございます。
皆さんが会場に足を運んでくださったり、画面越しに応援してくださる。それがとても力になっています。
もっともっと自分自身成長していきます。さらにチームの勝利に貢献できると思うので頑張ります。
これからも応援よろしくお願いします。

クインシーズのティアラをイメージしてポージング

取材・撮影 堀江丈

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事