全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>女子日本代表、ドイツにストレートで勝利し、開幕3連勝。古賀紗理那が20得点 VNL

トピックス

2024-05-17 21:44 追加

女子日本代表、ドイツにストレートで勝利し、開幕3連勝。古賀紗理那が20得点 VNL

VNL女子 ドイツ戦の結果

全日本代表 女子

 バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024トルコ大会は17日、トルコのアンタルヤで予選ラウンド第3戦の試合が行われ、日本はドイツと対戦。ストレートで勝利し、開幕3連勝とした。

 日本のスターティングメンバーは、岩崎こよみ、林琴奈、古賀紗理那(主将)、石川真佑、山田二千華、渡邊彩、リベロ・小島満菜美。トルコ戦、ブルガリア戦と同じメンバーでスタートした。

 第1セット、序盤からバイツェルの連続サービスエースで3-1とリードされる。その後、石川のアタックで7-6と逆転するも、中盤に再びドイツに逆転され、14-16となったところで日本がタイムアウト。その後もドイツの高さのある攻撃に苦しめられるが、リリーフサーバーとして入った宮部藍梨のサーブブレイクで5連続得点し、宮部の好ディグもあり、22-19と再びリードを奪う。山田のブロックでセットポイントを握り、最後は相手のサーブミスで25-21でセットを先取した。

 第2セット、ミドルに宮部、ディグリベロに福留慧美を入れてスタート。石川のサーブブレイクで6-2とリード。その後もリードを保ち、古賀の2本のサービスエース、山田のクイック、石川のフェイントなどで6連続得点し、15-6とリードを広げる。終盤も古賀、林らの攻撃が効果的に決まり、最後は岩崎がダイレクトで打ち、25-15でセットを連取した。

 第3セットも宮部、福留を入れてスタート。石川のサービスエース、古賀の攻撃などで日本が4-2とリードし、ドイツがタイムアウト。その後も古賀の調子が上がり、アタックにブロックにと活躍。8-3としたところでドイツがタイムアウトを使い果たす。しかし、中盤でドイツも連続得点し、12-11と追い上げられる。この後、石川のサーブブレイクで16-12。セット後半は古賀と石川の活躍でリードを保つが終盤に23-21と追い上げられたところで日本がタイムアウト。林のスパイクでマッチポイントとなり、最後も林が決めて25-22。ストレートで勝利し、開幕3連勝とした。最多得点は古賀の20得点(内、ブロック、サーブ各2)。次いで石川の18得点(内、サーブ1)だった。

 次戦は19日、日本時間23時からポーランドと対戦する。


写真:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事