全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>ゲームレポート>日本、ペルーをストレートで下す。木村主将「一試合終わるごとに絆が強くなるように」

ゲームレポート

2016-05-14 21:53 追加

日本、ペルーをストレートで下す。木村主将「一試合終わるごとに絆が強くなるように」

世界最終予選結果

全日本代表 女子

全日本女子チームは14日、東京体育館で世界最終予選をペルーと対戦し、25-23、25-10、25-14とストレートで勝利し、好発進した。

1セット目は接戦でペルーにリードを奪われるシーンもあったが、2セット目以降は地力の差を見せつけ、圧勝した。

会場インタビューで木村沙織主将は、「この大会を通して、まずは切符を獲ることが一番ですが江、一試合一試合おわるごとに絆が強くなるように。チーム力をスタッフ選手一丸となって大切にやってきたのでプレーはもちろんですけど、チーム力を見てもらえたら嬉しいなと。まずは明日のカザフスタン戦全員一致団結して臨みたいです」と力強くコメントした。

その他の試合は、イタリア3-1韓国、タイ3-1ドミニカ、オランダ3-1カザフスタン

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック