全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>ゲームレポート>日本、カザフスタンをストレートで下す 古賀「昨日あまりよくなかったので切り替えて頑張ろうと臨んだ」

ゲームレポート

2016-05-15 21:35 追加

日本、カザフスタンをストレートで下す 古賀「昨日あまりよくなかったので切り替えて頑張ろうと臨んだ」

世界最終予選の結果

全日本代表 女子

全日本女子チームは15日、東京体育館で世界最終予選カザフスタン戦を戦い、25-14、25-15、25-11と危なげない展開でストレート勝利。リベロ丸山、セッター田代を含めた全員をコートに送り出し、残り5戦に備えることとなった。

眞鍋監督は会場インタビューで「今日はサーブが非常に機能していた。また、全員を使うことができてよかった。韓国戦に向けて最大集中していきたい」とコメント。木村主将は「今日はアジアのチームで、絶対に負けられなかった。ベンチに入れない人も含めて18名全員で戦っているので、明後日の韓国戦も一致団結して戦えると思います」、昨日のペルー戦では生彩に欠けた古賀紗理那は「ちょっと昨日はあまり決まらなかったので、しっかり切り替えて頑張ろうと思って入った。もうちょっと頑張ります。両親も来てくれて力になりました。負けられない試合が続きますが、頑張ります」と安堵の表情だった。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック