全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>全日本女子、リオに王手 ドミニカをストレートで下す

トピックス

2016-05-21 01:30 追加

全日本女子、リオに王手 ドミニカをストレートで下す

世界最終予選の結果

1セット目途中から入って活躍した長岡/FIVB

1セット目途中から入って活躍した長岡/FIVB

全日本女子チームは20日、東京体育館でリオデジャネイロオリンピック世界最終予選を戦い、ドミニカをストレートで破り、出場権獲得に大きく近づいた。

スターティングメンバーはロンドン銅メダリスト4人を入れた、宮下、木村、山口、荒木、石井、迫田、リベロ佐藤。しかし迫田の調子が上がらず、長岡を投入。タイ戦では途中下げられた長岡が活躍し、21得点を決めてドミニカを突き放した。

21日に韓国がタイに勝ち、オランダがペルーに勝てば、日本戦を待たずに日本の出場権獲得が決まる。

会場インタビュー

眞鍋監督
先日の試合から、選手が本当によく集中してくれている。
(勝因は)まず、サーブがよかった。そして、ディフェンスもよく機能していた。
明日のイタリア戦、総力戦でベストを尽くしたい。

木村主将
最後はすごく苦しかったが、皆さんのたくさんの応援のおかげでストレートで勝つことができた。
タイ戦の結果を自信に変えて今日は臨んだが、内容的には今日もよくなかったので、反省点を修正して明日に臨みたい。
個人的には一昨日の試合があまりよくなかったが、今日はそれに比べ、少しだけよかった。

長岡選手
全員の気持ちがつながっての勝利だったと思う。
一昨日のタイ戦を乗り越えての今日の1戦だったので、何としてもつかみにいこうという強い気持ちを持って臨んだ。
このチームワークが強さだと思うので、そこを武器にこれからも戦っていきたいと思う。

 

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック