全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>コラム>データで振り返るV・プレミアリーグ男子レギュラーラウンド

コラム

2017-02-10 09:20 追加

データで振り返るV・プレミアリーグ男子レギュラーラウンド

データで見るV・プレミアリーグ男子

V・プレミアリーグ 男子

V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンドが終了しました。最終日の最終試合にファイナル6の最後の一枠が決まったり、1~3位の順位がめまぐるしく変わるなど、最後まで目が離せないレギュラーラウンドでした。今回も、数字からもレギュラーラウンドを振り返ってみましょう。

 

*全打数に占めるミドルブロッカー打数の割合(レギュラー終了時)

1位 東レ 19.7%
2位 FC東京 19.67%
3位 堺 16.3%
4位 豊田合成 16.2%
5位 サントリー 15.6%
6位 ジェイテクト 15.4%
7位 パナソニック 14.6%
8位 JT 14.2%

毎度おなじみのミドルブロッカーの割合です。1、2レグとあまり変動はありません。東レがセンター線を多用するチームであることは、昨季から変わっていませんが、スパイク賞を受賞した栗山英之選手が所属するFC東京もミドルの打数が多いですね。

 

*1セットあたりのバックアタック打数(レギュラー終了時)

1位 東レ 7.2本
2位 サントリー 7本
3位 堺 6.5本
4位 豊田合成 5.93本
5位 JT 5.87本
6位 FC東京 5.7本
7位 ジェイテクト 5.6本
8位 パナソニック 4.4本

東レは昨季より、明らかにバックアタックが増えています。

 

*アタック決定率(レギュラー終了時)

1位 パナソニック 52.6%
2位 豊田合成 52.2%
3位 東レ 50.3%
4位 サントリー 49.9%
5位 ジェイテクト 47.8%
6位 FC東京 47.5%
7位 JT 46.3%
8位 堺 46.0%
●Vリーグ公式サイトより抜粋

レギュラーラウンドの順位と見比べると、4位サントリー、5位ジェイテクト、7位JTと一致しているところもあり、なかなか興味深い結果となっています。

 

*1セット当たりのブロック決定本数

1位 パナソニック 2.49
2位 堺 2.23
3位 ジェイテクト 2.21
4位 豊田合成 2.18
5位 サントリー 2.13
6位 JT 2.11
7位 東レ 2.06
8位 FC東京 1.78
●Vリーグ公式サイトより抜粋

パナソニックの2.49本が飛び抜けています。しかし、個人のブロック本数でトップの富松崇彰選手がいる東レが7位という意外な結果。もちろんキルブロックだけがブロックの効果ではないのですが、この数字は意外でした。

 

*1セットあたりの得点数(レギュラー終了時)

オポジット

1位 イゴール 8.01点
2位 ニコラ 6.48点
3位 エスコバル 6.4点
4位 ウォレス 6.2点
5位 ペピチ 5.8点

ずらりと外国人選手の名前が並びます。助っ人外国人選手にオポジットをさせるチームがほとんどなので、無理もありません。清水邦広選手の名前が無くなったのは、けがで12月に故障で戦列を離れた影響が大きいですね。

 

*1セットあたりの得点数(レギュラー終了時)

ウィングスパイカー

1位 カジースキ 6点
2位 クビアク 4.8点
3位 福澤達哉 4.1点
4位 手塚大 3.8点
5位 越川優 3.7点

*1セットあたりの得点数(レギュラー終了時)

ミドルブロッカー

1位 富松崇彰 2.6点
2位 李博 2.5点
3位 傳田亮太 2.23点
4位 栗山英之 2.18点
5位 近裕崇 2.1点

東レの両ミドルが1、2位をしめています。東レがミドルブロッカーを多用するチームであるという傾向がはっきり見えます。

 

*1セットあたりの得点数(レギュラー終了時)

セッター

1位 佐川翔 0.64点
2位 深津旭弘 0.51点
3位 深津英臣 0.48点
4位 藤井直伸 0.47点
5位 山本湧 0.45点

以前は阿部裕太選手が1試合にツーアタックで9得点もしたことがありましたし、山田要平選手も隙あらばツーアタックを繰り出す印象が強いセッターでしたが、ふたりとも現在はツーアタックを封印しているようです。このあたりは監督の方針もあるでしょうね。

 

いかがでしたでしょうか。

ファイナルラウンドでこの数字がまたどのように変化するのか、予想しながら試合を見るのもおもしろいかもしれません。

 

文:前川扇

>> コラムのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

  • 美香

    先日、越川優選手のインタビューを前後編で掲載とあって喜んでいたのに、結局前編を掲載後すぐに削除されたのはどうしてですか?
    協会からNGが来たから?バレーのライターさんは保守的な人が多いですね!
    越川さんに関しては南部ジャパンから外れた時からスルーでしたよね!
    中西、米虫、田中さんは推し選手しか扱わない。
    あえて市川さんだけが積極的にナイーブな所も攻めていて面白い。
    それに、昔からこちらのサイトは掲載後削除と言う事が多いですよね?