全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>スロベニア戦談話 山田「マサと対角を組むのは夢だったので素直に嬉しい」

会見・コメント

2017-06-11 09:30 追加

スロベニア戦談話 山田「マサと対角を組むのは夢だったので素直に嬉しい」

ワールドリーグ2017高崎大会

全日本代表 男子

sIMG_222710日、全日本男子がフルセットで勝利したスロベニア戦後の記者会見

 

柳田将洋

高さとパワーがある相手に、どう戦うかが課題。サーブとブロックが上手くかみ合ったが、ミスを出して苦しい場面もあった。今日勝ちきったのも。すごく大きな収穫なので、明日の韓国戦に向けてチーム全体であげていきたい。

 

出耒田敬

自分自身は途中から出場して、何を求められているかを常に考えながらプレーした。自分と一緒に井手選手、深津選手と入って流れが変えられた。チームとしてもフルセットで勝てて、この勝ちは、発展しているチームにとって大きいと思います。

 

――出耒田選手に。ブロックに関して、ブランコーチの指示は。過去の全日本と比べて。

 

基本的にはブランコーチの求めているのはリードブロック。ローテごとに、状況に応じてコミットだったり、例えば片方のサイドを捨てて、レフトに走ったり。ベースとなるのはリードです。ノーマルのリードと、相手がBクイックに入ってきた時にアジャストするのと両方ですね。

 

自分自身は昨年もリード主体でやってきたので、そんなに大きな変化は感じていません。ブランコーチのブロックに関する考え方は、かなり割り切ることを求められる。自分は考え過ぎちゃうところがあるので、もっと割り切って、割り切りつつも全部行くつもりで。矛盾していますが。

 

山田脩造

祐希が本調子じゃないんで、そこのヘルプという形になりましたが、自分にとってはチャンスが巡ってきた。海外で試合してきましたし、通用しないというわけではなかったのですが、国内で初めての代表戦で、いろいろ感じることがあって、思うようなプレーができず悔しかったのが本音。でて、ああいう形ですけど勝ち切れたのは、チームにとっても僕にとっても大きかった。次チャンスがあれば、同じミスはせずに、自分のいいところを出したい。

 

柳田選手へ

――サーブレシーブについて、全体的に昨年に比べると非常に安定しているように見えるが。

 

個人的には、ブランコーチからオーバーパスで返すことをかなりすすめられて、それがしっくりきている。横のコミュニケーションをとりながら、しっかりパスを返せている。

全体としては、去年と比較するのは難しい。ほいほいSPとられるような選手が入っているわけではない。そういうメンバーを集めて戦っている。できればゼロにしたい。

 

山田選手へ

――今年シニアの初代表とやってみて、合成で指導されてやってきてよかった、通じているなという部分があれば。

 

僕自身、自チームでやっていることは、理解はできていますけど、それがいざしっかりと体現できているかというとまだ甘いですし、そこに近づくことができれば、海外相手とも渡り合っていけると思います。このチームでも自然と理解してやっている選手もいるので、まだまだと思います。監督が外国人ということで、ブランコーチの伝えたいことは、かなりくみ取れていると思う。結果が悪くても、それをトライすることは悪くないとか、そういう説明は分かる。

 

山田選手へ

――初代表で、隣に同級生の柳田さんがいますが、柳田さんが全日本にいることの刺激。

 

今日一緒に対角を組んででられたのは、僕にとってとてもプラスで夢見ていたことで、素直に嬉しい。マサはどう思っているか分かんないですけど、僕の中では結構差がある。大事なところでSP2本とったり、感心する。自分だったらどうかなと考えたり。マサからもそういうふうに思ってもらえるのであれば、いい関係性だと思う。今祐希とマサが組んでいるので、そこに割って入れれば。マサも祐希も負けず嫌いなので、自分のポジションを守ろうと頑張るでしょうから、全日本にとってもいいことだと思います。これからも頑張っていきたい。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事