全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>日本ラウンド3連勝 韓国戦談話 柳田「立ち上がりからしっかりと自分たちのバレーができた」石川、山内、李

会見・コメント

2017-06-12 08:30 追加

日本ラウンド3連勝 韓国戦談話 柳田「立ち上がりからしっかりと自分たちのバレーができた」石川、山内、李

ワールドリーグ2017高崎大会談話

全日本代表 男子

ワールドリーグ2017高崎大会韓国戦会見

s19023313_1985229535038658_2492190977652238437_o柳田将洋
韓国戦、立ち上がりからしっかりと自分たちのバレーができて、相手にプレッシャーをかけられた。相手のサーブは脅威を感じなくて、ストレートで倒すことができた。高崎ラウンドに関しては、3連勝できたので、課題はありますが、勝ちを次につなげたい。

李博
1セット目からすごくサーブが走っていて、いいムードで試合ができた。ブロックとレシーブの関係も非常によかったので、継続して頑張っていきたい。

山内晶大
スロベニア戦ではクイックなどスパイクや、得点以外の部分でも全然うまくいかず、チームに貢献できていなかったので、韓国戦では声をたくさん出して貢献しようと意識してやりました。

スパイクについては、アップのときに自分から藤井さんに声をかけて、全体的にトスを高めに上げてもらうようにお願いして、高さを出してブロックタッチを取られないような打点で打とうと。今日はそれができていたと思います。

ブロックに関しては、みんなサーブで攻めていて相手がクイックを使える状態が少なく両サイドの展開になったので、(ブロックに)つきやすかった感じでした。
ブロックでもポイントを取って目立っていきたいと思います。

柳田選手へ
――3戦通してオフェンス面での好調が続いているのですが、今までと変えていることはありますか。

僕自身ではなくて、藤井さんのコンビのバリエーションなどで決定率を上げてもらっています。相手からして、Bパス(セッターが動かされるサーブレシーブ)でも速いサイドを使っていることが、のちのちに個々人の決定率に効いているのだと思います。

李博選手へ
――日の丸をつけて戦っているが、海外と対戦するときの違い。決めてなど。

あまり違うことはしてない。藤井とのBクイックはすごく自信を持っていて、まずはどれだけできるかというのを試した。それの延長線上で、今通用している感じです。

――自分の中でここまで決まるイメージはあったか。

全然なかったです。世界はすごく高いので、自分のバレーが通用するかは分からなかった。意外と通用していたのでよかったです。

石川祐希
今日は自分としては全然良くなかったが、他の選手がよかったので3-0で勝てた。しっかり修正して来週に臨みたい。

rihaku李博選手へ
――初めて日の丸をつけて思うところ。ここ2週間通して手応えを感じているところ。

まずブロックの面で、割り切りが大事だとすごく思っている。速攻だったらストレート側に行くのかクロス側に行くのか、どっちかに賭けて張らないと、シャットすることができない。最初の方はシャットできなかったが、だんだん試合が進むにつれて、アナリストのデータを頭に入れて、相手スパイカーがどこに打つのかを予測しながらブロックに跳んだ。それが少しずつワンタッチにつながっていったので、今後も続けていきたい。

――初めて日の丸をつけて思うところについても。

すごく応援が響いてくる。力になっているので、本当に思いきりやれています。相手が自分よりもレベルが上と分かっているので、がむしゃらな思いでやった結果が、いい形につながっていると思う。毎試合勢いを持ってやっていきたい。

石川選手へ
――高崎アリーナで初めての国際大会なのですが、高崎アリーナの印象を。

初めて練習したときから、すごくやりやすかったですね。

石川選手へ
――大竹選手にオポジットのポジションを勧めた理由は。

2メートルありますし、意外と器用で、高校の頃はミドルじゃなくてサイドも打っていたので、そういう可能性もあるなと思っていた。自分は、彼はオポの方が将来輝けるんじゃないかと思って言いました。彼自身もすごくやりたそうだったので、次の日監督に言って変えてもらったみたいです(笑)。1年やって、だんだんなれてきたと思うし、まだまだのびると思います。

石川選手へ
――今大会から、控え選手がベンチの後ろにいることになったのは、どう思いますか。

コートに近いので、控えにいても、その分声がかけやすいですし、指示も送りやすい。相手がどうなっているのかも分かる。試合をよく見れるという点に関しては、良いと思いますが、モチベーションについては変わらないですね。

石川選手へ
――山田選手が昨日活躍されていて、刺激を受けたか。

自分が出ていない中で勝って活躍していたので、負けていられないし、もっと頑張らなければと思いました。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事