全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>全日本ユニバ女子 韓国(水原市)をストレートで下し、決勝進出

トピックス

2017-07-15 12:50 追加

全日本ユニバ女子 韓国(水原市)をストレートで下し、決勝進出

VTVカップ(全日本ユニバ女子)、セミファイナルラウンドの結果

V・チャレンジリーグ 女子 / V・プレミアリーグ 女子 / 全日本代表 女子 / 大学バレー 女子

 全日本ユニバ女子チームが出場している「VTVカップ2017」は14日、ベトナムのハイズオンでセミファイナルラウンドが行われ、日本は韓国(水原市チーム)と対戦した。
 
 スターティングメンバーは、今村優香、山内美咲、横田真未、杉郁香、柴田真果、井上愛里沙、小島満菜美。
 
 第1セットは相手のロングサーブに崩され、中盤まで苦しい展開に。16-16まで一進一退の攻防が続いたが、井上のスパイクや柴田の連続サービスエース、横田のブロックなどで抜け出し、22-17に。最後は途中出場の丸尾遥香のサーブで相手のミスを誘い、25-21で競り合いをものにした。

 第2セットは山内のサーブで相手のレセプションを崩し、今村も3本ブロックポイントを決めるなど、日本ペースの展開に。しかし、その後ミスが出て、10-6と追い上げられたところで、この日最初のタイムアウトをとる。その後は、井上と山内のサイド攻撃で16-10と徐々に差を広げた。ここから横田の4本のサービスエースなどを含む怒涛の8連続ポイントもあり、25-11で韓国を圧倒した。

 第3セットは、序盤に山内がライト攻撃やバックアタックなどパワフルなプレーで活躍。中盤は柴田の連続サービスエースもあり、16-9に。その後も杉のブロード攻撃などで得点を重ね、最後は2枚替えで交代した塚田しおりと村永奈央が活躍。塚田がサービスエースをとると、村永もライト攻撃を決め、25-13で危なげなく勝利した。

 この結果、日本はこの大会で1セットも落とすことなく決勝戦に進出を決めた。決勝戦は15日18時(日本時間20時)より、インドネシアナショナルチームと対戦する。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事