全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>仙台ベルフィーユ、ヴィクトリーナ姫路にチーム譲渡

トピックス

2017-08-02 08:00 追加

仙台ベルフィーユ、ヴィクトリーナ姫路にチーム譲渡

仙台が姫路にチーム譲渡を発表

V・チャレンジリーグ 女子

 日本バレーボールリーグ(Vリーグ)機構は、1日、2016/17シーズンまでV・チャレンジリーグⅠ女子に所属していた仙台ベルフィーユから株式会社姫路ヴィクトリーナへのチーム譲渡の申し入れがあり、審議の上、承認したことを発表した。7月29日のVリーグ機構臨時理事会において審議し、チームの継続性が認められると判断したもの。

 これにより、株式会社姫路ヴィクトリーナの運営する「ヴィクトリーナ姫路」が2017/18シーズンよりV・チャレンジリーグⅠ女子に所属となる。同チームはロンドン五輪銅メダリストの竹下佳江氏を監督として2016年6月に発足。同年11月には元全日本監督の眞鍋政義氏がゼネラルマネジャー(GM)に就任している。

 2017/18シーズンのV・チャレンジリーグⅠ女子参戦チームは以下の8チーム。

・岡山シーガルズ
・PFUブルーキャッツ
・フォレストリーブズ熊本
・ヴィクトリーナ姫路
・KUROBEアクアフェアリーズ
・大野石油広島オイラーズ
・JAぎふリオレーナ
・トヨタ自動車ヴァルキューレ

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事