全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>全日本女子 グラチャン韓国戦 会見コメント(中田監督、冨永こよみ、新鍋理沙、野本梨佳)

トピックス

2017-09-06 09:55 追加

全日本女子 グラチャン韓国戦 会見コメント(中田監督、冨永こよみ、新鍋理沙、野本梨佳)

グラチャン(女子) 韓国戦会見コメント

全日本代表 女子

・冨永こよみ選手
今日は本当に会場にたくさんの方に足を運んでいただき、初戦ということもあり、独特の緊張感があり、個人としては緊張してしまい、なかなか思うようなプレーができませんでした。アタッカーに助けてもらって初戦を何とか勝利で飾ることができたので、この勝ちをきっかけに残りの試合もしっかり戦っていきたいと思います。

・新鍋理沙選手
今日の初戦はすごく大事な1戦だったと思います。勝ちはしましたが、内容があまりよくなくて、冨永選手からもあったように初戦独特の緊張もありました。やはり、やるべきことをきっちりできるように、明日はスタートからいい入りができるようにしていきたいと思います。

・野本梨佳選手
初戦ということで絶対勝ちたいと思っていたので、結果として勝ち切ることができてよかったと思います。個人的には攻撃面では得点できた部分もありましたが、守備面で足を引っ張ってしまったので、そこは修正して、少しでもボールをつなげるようにしていけたらと思います。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事