全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>全日本女子 グラチャン韓国戦 試合後のコメント(石井優希、内瀬戸真実)

トピックス

2017-09-06 10:05 追加

全日本女子 グラチャン韓国戦 試合後のコメント(石井優希、内瀬戸真実)

グラチャン(女子) 試合後のコメント

全日本代表 女子

・石井優希選手

 2セット目はディグで貢献するために入ったんですけど、上げることができなくてそのまま下がってしまいましたが、3セット目にも入るチャンスをいただいて、ミスもありましたけど、点数を取れて勝って終われたのでよかったです。久しぶりの試合(WGP香港大会、アジア選手権はメンバー外)だったので、1本目が決まったときは、自分で取ったと思ったら嬉しかったです。

 (WGPなどこれまで)自分のプレーができてなかったし、バレーを素直に楽しめてなかったなって思ったので、この大会は自分が心からバレーを楽しめるようにと思って入りました。今日のゲームは出番はそんなに多くはなかったですが、楽しくプレーすることができました。緊張していた部分もあったんですけど、それ以上に1点を取ったときの嬉しさが前より大きくて、すごく楽しかったです。楽しむことがいい方につながればいいなと思います。

 出ていなくてもチームのためになることをやると決めたので、スタートじゃなく控えでもできることをしっかりやろうって。いつでも出られる準備をしながら、サポートやバックアップの仕事をしてしっかり声をかけたり喜んだり、チーム一体となって頑張ろうと。チャンスをいただいたら、サーブレシーブ、ディフェンス、スパイク全部求められていることなので、自分ができることをすべて出したいと思います。どんな状況でも駆け引きだったり読みだったり、楽しさを見つけてやることで乗っていける、そういう部分で楽しめれば技術も磨かれていくと思うので、常に先を考えながらやっていけたらと思います。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事