全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>グラチャン 中国戦後の会見 中田監督「40%達成できた」荒木、佐藤、岩坂

会見・コメント

2017-09-11 21:58 追加

グラチャン 中国戦後の会見 中田監督「40%達成できた」荒木、佐藤、岩坂

グラチャン中国戦会見

全日本代表 女子

ワールドグランドチャンピオンズカップ最終中国戦後の記者会見。荒木絵里香、佐藤美弥、岩坂名奈、中田久美監督。

荒木絵里香

今日の中国戦に関しては、自分たちがしっかり点数を取り切れている場面もありましたし、終盤になるに連れて被ブロックが増えて、相手の強打とプッシュに簡単に点数を取られていった。中盤から後半に反省が残る。

大会を通しては、相手がどこであろうと、チーム全員で戦えた。チームとして、大会を通して成長できた。

 

佐藤美弥

今日の試合では、中国の強さを感じた。強い相手に、自分たちが自ら崩れてしまって、力の差も、チームのやるべきことをできないと、勝つことは難しい。チームが崩れてしまう原因を自分が作ってしまったので、反省点が多く残った。この大会通して出場機会が少なかった。世界と戦うために身につけるべき技術や精神的な部分が見えてきたので、この経験、悔しさをムダにしないようにしたい。

 

岩坂名奈

スタートで出たんですが、結果を残すことができず、自分の技術不足で負けた。

最終的にはミドルからもライトからも決められ、全員から決められてしまったので、エース以外の人もしっかり止められるようにしたい。今大会振り返って、キャプテンとしてまだまだチームを引っ張ることができなかったので、一選手として悔しさもありますが、チームが勝つためにするべきことがあった。個人的に技術不足が多いので、克服できるように、キャプテンとしても選手としても成長していきたい。

 

――今日前衛が2枚の場合に内瀬戸さんにトスが偏って苦しくなる場面があったが、これまで外から見ていて、そういうときどうしようと思っていたか。

佐藤
前衛2枚のときにこの大会通してバックアタックが少なかった。それは対戦相手によっての戦略だったこともあったが、今日はそこを増やそうと思ったが止められた。攻撃枚数を増やしていかないと、高い相手には通用しない。

 

――今日の試合を見ていると、指示はさまざまなコーチが出していて、監督はあまり指示を出していないが。

岩坂

監督は、今までもそうですが、選手たち自分たちに考えさせながら、外から他の国の監督さんに比べると指示はすく何ですけど、その分フェルハトが非常に細かく言ってくれる。チームの流れが悪いときは監督からも言葉がある。いつもはフェルハトコーチが指示してくれます。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事