全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>V・プレミアリーグ男子 豊田合成連勝ストップでパナソニック首位に浮上・山内晶大「苦しい出だしからでも巻き返せたのは良かった」

トピックス

2017-11-12 21:24 追加

V・プレミアリーグ男子 豊田合成連勝ストップでパナソニック首位に浮上・山内晶大「苦しい出だしからでも巻き返せたのは良かった」

V・プレミアリーグ男子の結果

V・プレミアリーグ 男子

V・プレミアリーグ男子は12日、北海道深川市総合体育館などで試合が行われ、イゴールがベンチアウトだった豊田合成はサントリーに1-3で敗れ、開幕からの連勝を6でストップした。パナソニックは1セット目、クビアクの顔にボールがぶつかるアクシデントから連続失点し、1セット目をジェイテクトに先取されたが、2、3、4と連取して逆転。首位に浮上した。東レはJTにストレート勝利。ともに4勝3敗と勝ち越しで1レグを終えた。昨日初白星をあげた堺とFC東京の直接対決は堺が勝利。

サントリー栗山雅史「チームで昨日の夜に合成さんの対策をしたのがハマったのと、選手全員が役割を果たせた。1試合1試合重ねるごとに、うちが目指しているバレーが少しずつ形になっている。今後は精度をあげる」と、練習中に鼻の骨を折ったためにフェイスガードをつけての奮闘となった。

東レは地元北海道出身の渡辺俊介「地元での勝利、相手のJTさんエドガーさんなど攻撃力があるチームなので、粘り負けしない東レのバレーができたので勝てた。入団して初めてホームゲーム…じゃないや、北海道で試合して勝つことができて嬉しいですと胸を張った。

パナソニック山内晶大「1セット目苦しい出だしからでも巻き返せたのは良かった。じぶんのできることをしっかりしようと思っていた」と振り返る。

初の連勝となった堺の伊藤キャプテンは、「粘り強く繋いで最後ウォレスが決めきってくれた。5連敗スタートで、今日勝って連勝できたので、また来週も勝って2レグいいスタートにしたい。みなさんの応援が本当に力になります」とファンに向かって頭を下げた。

●順位  チーム   試合数  通算ポイント 勝 負
1  パナソニック   7     19     6 1
2  豊田合成     7     16     6 1
3   東レ      7     12     4 3
4   JT       7     11     4 3
5  サントリー    7     11     3 4
6  ジェイテクト   7     9      3 4
7   堺       7     5      2 5
8  FC東京      7     1      0 7

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事