全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ホームでストレート勝利の上尾 冨永こよみ「ホームの皆さんの前で勝ちたかった」 山口珠李「試合に出始めて初めて勝てたので嬉しい」

トピックス

2017-12-10 10:27 追加

ホームでストレート勝利の上尾 冨永こよみ「ホームの皆さんの前で勝ちたかった」 山口珠李「試合に出始めて初めて勝てたので嬉しい」

上尾 ホームゲーム会見コメント

V・プレミアリーグ 女子

今季初のホームゲームでストレート勝利した上尾

 連敗が続き、苦しい戦いが続いていた上尾メディックスが9日のホームゲームで日立をストレートで下した。
 吉田敏明監督、冨永こよみ選手、新人の山口珠李選手の試合後の記者会見でのコメントを紹介する。

■吉田敏明監督

吉田:連敗で後がないという状態で臨み、選手も非常に集中力のあるゲームをしてくれた。課題は相変わらず多々あるが、久々の勝利をきっかけに今後の試合も勝ちにつなげたい。

――ここのところ勝てなかった要因と修正点はどこだと思うか?

吉田:サイドアウトからなかなか点がとれない。サーブレシーブから始まり、トスからのコンビ、ハイボールアタックなどのいわゆるサイドアウト能力が足りず、連続失点してしまうことが最大の悩み。今日の試合はそういう面が比較的少なかった。今後、こうした課題を修正していきたい。

――後半戦で期待したい選手は?

吉田:外国人選手に頼らざるを得ない状況の中、カルカセス選手の調子があまりよくないのが現実。次なる得点源となる選手となるアタッカーが出てこないときつい。今日出なかったメンバーでも同じ程度の能力のある選手もいて、できれば選手を固定できればいいのかもしれないが、なかなかそうもいかない。例えば今日、高卒1年目の山口(珠李)をライトで使ったのは、比較的攻撃力のあるところを勝って起用した。

――今日のホームゲームまでに意識して取り組んできたことは?

吉田:サーブとサーブレシーブの部分でチーム全体の中で上位にいけるよう、重点的に取り組んだ。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック