全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>栗原恵「少しでもチームにプラスになる貢献ができたらと思う」 古賀紗理那「アタックのコースの幅をもっと増やしたい」

会見・コメント

2017-12-11 07:30 追加

栗原恵「少しでもチームにプラスになる貢献ができたらと思う」 古賀紗理那「アタックのコースの幅をもっと増やしたい」

V・プレミアリーグ女子 会見コメント

V・プレミアリーグ 女子

 V・プレミアリーグ女子、10日に行われたNEC対日立戦の記者会見コメント。

■佐藤美弥(日立)

連続失点を重ねてしまった。攻撃が単調になりローテが回せず、ここで切れるというコンビが今はないのが課題。

■栗原恵(日立)
(今シーズン)自分が出ていない間は若手が頑張ってくれていた。勢いのある時と乱れてしまう時があったので、自分が(出場した時は)何ができるか考えて見ていた。

――栗原選手のプレーには観客を味方に引き寄せるような輝きを感じる。今シーズン何か心境の変化はあったか?

栗原:昨シーズン長い期間離脱してしまい、どういう形でチームに恩返しができるかについて考えてきた。今日も少し足がつりそうになってチームに迷惑をかけてしまったが、出てる時間の中で何ができるかだけでなく、外で見ているときにはバランスを考えることも(ベテランプレーヤー)の醍醐味といえるし、少しでもチームにプラスになる貢献ができたらと思う。

■甲斐祐之監督(日立)
結果は負けてしまったが、リベロに入った小池(杏菜)をはじめ全員がボールを追う、そこから点数につなげるということができたので、その点はよかった。

――昨日スタメン出場した渡辺久恵選手がベンチ外だったが…?
甲斐:状態は悪くないが、大事をとって無理をさせなかった。

――第4セットの栗原選手について。
甲斐:少し足が止まってしまった。(よい活躍をしていただけに誤算になってしまった部分はあるが、)選手は皆頑張ってくれている。
(コンディションがまだ完璧ではないが)栗原のことは信頼しているし、これからも使っていこうと思っている。

 

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック