全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>2017天皇杯ファイナルラウンド2回戦結果 筑波大が堺に逆転勝ち

トピックス

2017-12-17 09:00 追加

2017天皇杯ファイナルラウンド2回戦結果 筑波大が堺に逆転勝ち

天皇杯ファイナルラウンド2回戦結果とコメント

V・チャレンジリーグ 男子 / V・プレミアリーグ 男子 / 大学バレー 男子

平成29年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会、ファイナル2日目は、V・プレミアリーグ8チームも登場し、12月16日(土)東京体育館にて男女各8試合が行われ、ベスト8が出そろった。
男子では、筑波大学が堺ブレイザーズを逆転フルセットで破った。それ以外の7試合は、V・プレミアリーグ所属のチームが勝ち上がっている。

男子2回戦結果は下記のとおり。

東レアローズ 3-0 きんでんトリニティーブリッツ

25-15
25-21
25-16

東レアローズ・高橋健太郎選手
リーグではなかなか出場機会がなかったのですが、今日は出していただけて、少しでもアピールできたなら良かったと思います。

FC東京 3-0 中央大学

25-17
25-20
25-23

中央大学・松永理生監督
今日で私の中央大学監督としての仕事は終わりになります。やはりインカレにかけていたので、悔しい気持ちはありますね。今後は、石川祐希や大竹壱青がやってきたような海外への道を途切らせることがないよう、フォローするような立場になります。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック