全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>天皇杯準々決勝 カジースキ大爆発 筑波大・中根「世界一の選手が本気でやってくれて感謝」 豊田合成イゴール復活

トピックス

2017-12-18 20:50 追加

天皇杯準々決勝 カジースキ大爆発 筑波大・中根「世界一の選手が本気でやってくれて感謝」 豊田合成イゴール復活

平成29年度天皇杯ファイナル3日目の結果コメント

V・プレミアリーグ 男子 / 大学バレー 男子

12月17日東京体育館で、天皇杯ファイナルラウンド3日目が行われ、ベスト4が決定した。

東レアローズ 3-2 FC東京
(26-28、17-25、25-20、25-22、15-12)

東レアローズ・小林敦監督
2セット目まではFC東京のペピチ選手に圧倒されました。ペピチ選手があのままだとやばかったですね。ただ、ペピチ選手は波があるので、その波を見逃さないようにしました。来週はパナソニックさんとですが、パナソニックさんは強いのでこのままだと為す術もなくやられてしまう。来週までにしっかり準備します。

 

FC東京・山本智大
FC東京に入ってから、この天皇杯で、初めてリベロとして起用された。まずプレイ以上にコート上の雰囲気を大事にしようと心がけた。ブロックとディグとの関係等、レシーバーで入る場合とは違うリベロとしての動きが必要となるので、リーグ戦が再開されるまでに詰めていきたい。
勝つというのは難しいことだが、勝つことで得るものは大きい。ことしのリーグ最終戦で堺にストレートで勝てたことから、良い雰囲気を持ってこられたと思う。
(同郷の東レ・渡辺俊介選手とは)この試合で初めて対戦した。特に意識しないよう心掛けた。

パナソニックパンサーズ 3-0サントリーサンバーズ
(25-14、25-22、25-20)

 

パナソニック・白澤健児
去年の天皇杯に負けた相手なので、しっかりと雪辱を果たせてよかった。
2セット目競ったのは、ブロックが相手は思い切りとんできた。それは深津にも言ったんですが、それであまり迷わすのも何なので、彼に任せました。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック