全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>皇后杯 決勝会見コメント 多治見麻子監督「監督としての日本一は選手の時とは別な意味での嬉しさを感じる」 川北元監督「お互いにいいプレーのできたゲームだった」

会見・コメント

2017-12-25 12:40 追加

皇后杯 決勝会見コメント 多治見麻子監督「監督としての日本一は選手の時とは別な意味での嬉しさを感じる」 川北元監督「お互いにいいプレーのできたゲームだった」

皇后杯決勝戦会見コメント

V・プレミアリーグ 女子

 平成29年度皇后杯全日本バレーボール選手権大会ファイナルラウンドは、24日、大田区総合体育館で決勝戦が行われ、トヨタ車体クインシーズとデンソーエアリービーズが対戦。トヨタ車体がフルセットの末、9年ぶり2回目の優勝を飾った。
 試合後の両チームの会見コメントは以下の通り。

■デンソー
・鍋谷友理枝選手
 勝ち切れずに終わってしまったが、最後の最後で決めきれなかったり、ミスを出してしまったので、チームメイトに申し訳ないと思うし、本当に悔しい試合だった。
 序盤は自分たちのサーブが走っていて、いいところにしっかり打てていたが、3セット目の途中から相手に対応されてしまったので、もう少し前後などに打ち分けるべきだった。終盤でのサーブの攻めの甘さがセットを取られた要因のひとつだったと思う。

・工藤嶺選手
 勝ち切れなかった試合ではあったが、自分が思い切りプレーすることができたのは、一緒にプレーしている先輩方が声をかけてくださったり、たくさんフォローしてくださったりがあったからだと思う。ベンチ入りできなかった選手やコートで一緒に戦ってくれた方々に感謝したいと思う。
 荒木選手に1本目を止められてしまったが、自分にとってはプラスの経験になった。今年度U-23代表を経験させていただき、国内よりも高いブロックを思い出しながらプレーした。リーグ内では荒木選手、ネリマン選手のブロックが高いけれど、その上からだったり、ブロックを利用して決められるように、残りのリーグを戦っていきたい。

・川北元監督
 まずはトヨタ車体さんに「おめでとうございます」と言いたい。お互いにいいプレーができた。今日の試合に関しては我々も死力を尽くした結果なので、負けるのは悔しいが選手たちに感謝している。試合に出た選手たちだけでなく、サポートに回った選手たち、陰ながら支えてくれたスタッフなどみんなに感謝したい。
 Vリーグも含め、バレーボールがたくさんの人に興味を持ってもらい、観に来てもらえるようにこれからも頑張りたい。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック