全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>春高バレー 男女4強が出そろう。鎮西(熊本)、下北沢成徳(東京)などが準決勝へ

トピックス

2018-01-07 04:06 追加

春高バレー 男女4強が出そろう。鎮西(熊本)、下北沢成徳(東京)などが準決勝へ

春の高校バレー 3回戦、準々決勝の結果

高校バレー 女子 / 高校バレー 男子

東九州龍谷のエース・中川美柚選手

春の高校バレー 第70回全日本高等学校選手権大会は、6日、東京体育館で3回戦と準々決勝が行われた。
3回戦を勝ち抜いたチームが同日中に準々決勝を戦うというダブルヘッダーのスケジュールの中、勝ち残ったのは、男子がインターハイ優勝校の鎮西(熊本)、昨年度準優勝の東亜学園(東京)、同ベスト4の高川学園(山口)、洛南(京都)、女子は3連覇を狙う下北沢成徳(東京)、インターハイ優勝校の東九州龍谷(大分)、誠英(山口)、金蘭会(大阪)の各4校。

準決勝の組み合わせは、以下の通り。

【女子】
下北沢成徳(東京)×金蘭会(大阪)
誠英(山口)×東九州龍谷(大分)

【男子】
洛南(京都)×東亜学園(東京)
高川学園(山口)×鎮西(熊本)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事