全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>支える人々~バレーボール学会 三島ミーティング

インタビュー

2012-08-07 17:59 追加

支える人々~バレーボール学会 三島ミーティング

7月21日、バレーボール学会のミーティングが三島で行われた。

Others

2012年7月21日(土)、静岡県三島市において、日本バレーボール学会の2012バレーボールミーティングが開催された。

テーマは「『テンポ』の観点から理解・実践する世界標準のバレーボール」というもの。午前中は東レ総合研修センターを使って滋賀県立成人病センターの渡辺寿規氏が第1部「ファースト・テンポは『はやい攻撃』なのか?!」第2部「“トス”から“セット”へ~今こそ日本に求められる発想の転換~」を、午後は東レアローズ体育館において、神戸市立大原中学校教諭の手川勝太朗氏が、「”あたりまえ”の技術で実践する世界標準のバレーボール」をオンコートレクチャーで講義した。

午前中は豊富な図表と動画を、午後は東レアローズと小田原高校のバレー部のメンバーを使い、指導者だけでなく、一般観戦者にもわかりやすいように講義が行われた。

ここでは、実行委員長の河合学氏、渡辺、手川両講師、そして学会長の遠藤俊郎氏にお話を伺った。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック