全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>新主将に聞く 髙橋沙織(トヨタ車体クインシーズ)「目標はオリンピック。ライバルが多いので、もっとうまくなりたいです」(後編)

インタビュー

2018-02-20 12:00 追加

新主将に聞く 髙橋沙織(トヨタ車体クインシーズ)「目標はオリンピック。ライバルが多いので、もっとうまくなりたいです」(後編)

新主将に聞く トヨタ車体・髙橋沙織(後編)

V・プレミアリーグ 女子

 トヨタ車体の主将・髙橋沙織選手インタビュー。後編は、個人的な目標や、オフタイムの過ごし方などについて伺った。

五輪を目指して

――全日本では2013年にアンダーカテゴリー(U23)で主力選手として活躍され、銅メダル獲得に貢献していますが、シニアでも活躍したいという思いは?

髙橋:目指しているものがあるので、やるしかないですね!

――目標はオリンピック?

髙橋:オリンピックに出ることがバレーボールをしている上での目標なので、ライバルは多いですが、うまくなるしかないですね。

――ライバルとして、意識している選手はいますか?

髙橋:サイドは選手層が厚いので、例えば、新鍋理沙選手、石井優希選手(久光製薬)などの先輩や、後輩では古賀紗理那選手(NEC)だったり…。サイド陣がこう多いのは自分にとってはプラスでもありますが、そこを越していくためにはもっともっと努力が必要だと思います。

――黒後愛選手(東レ)などの若い選手も出てきましたね。

髙橋:彼女もパワーヒッターで、これからどんどん伸びそうな選手ですよね。

――「自分のここを見てほしい」というアピールポイントは?

髙橋:バックアタックが得意なのと、飛びぬけたものはないのですが、すべてのプレーが好きで苦手なものはあまりないので…。

――オールラウンド?

髙橋:そこまでうまくないんですけど(笑)、できないと悔しいので。攻撃も守備も、できるできないというよりは好きですね。使い続けてくれる多治見監督のおかげであったり、このチームでバレーボールができるという環境がすべて、私のチャンスとなっているので、本当にありがたいですね。

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック