全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>ジェイテクト浅野「消化試合にはしないよう全力で戦った」JT深津「バレーボールを舐めていたら、バレーボールに殺される」

会見・コメント

2018-03-02 21:33 追加

ジェイテクト浅野「消化試合にはしないよう全力で戦った」JT深津「バレーボールを舐めていたら、バレーボールに殺される」

JTvsジェイテクト戦会見コメント

V・プレミアリーグ 男子

ジェイテクトvsJT戦 会見コメント

ジェイテクトSTINGS

浅野博亮

勝負どころでミスを何本かしてしまった。こちらのチームもまだ若いですし、今シーズン終わってしまったけど、経験したことを活かしていきたい。黒鷲でも修正していきたい。

 

――シーズン最後の方になって調子が上がったのは?

浅野:単純に西田選手が入って攻撃力が上がって、なかなか勝てない中で、選手一人ひとりが何とかして勝とうとしてきた。

 

――今日はある意味消化試合でしたが、ベストを尽くしていましたね。

浅野:一つ一つミスできないなという意識だったんですが、あと1点とったらというところで逆に固くなってミスを出していた。

順位が決まったのは試合前にわかっていたが、社長はじめファンの方々もたくさん来ていたので、消化試合にはしないようにしよう、全力でやろうと臨んだ。

ノータッチエースが多くて負けた試合があって負けた試合も多かった。

 

――昨シーズンより順位を落としました。

浅野:今シーズン苦しい試合ではあったが、今思えば普通に勝てたねという試合が何個かあった。そこを勝っていればもっと上位に行けたと思う。

 

――来季に向けて。

浅野:今雰囲気も良くなっているので、まずはフィジカルから鍛えなおして体づくりをする。

 

アーマツ監督

今日の試合はファンの方にとってはいい試合だったかも。負けて残念だったです。勝って終わろうという意識が高かった。JTは最後まで諦めなかった。1,2,4セットポイントをとった。チャンスはあった。終わったらすぐ黒鷲のために準備する。

 

――今日浅野選手のバックアタックが決まっていたが。

アーマツ監督:相手のブロックはリードだった。

 

――このシーズンを振り返って。

アーマツ監督:すごい苦しいシーズンでした。私たちはいろいろいいときも悪いときもあった。自分でほんとうに経験がない選手が多いので、すごいいい経験だったと思う。最後の試合も自信を持てたと思う。

 

――経験が足りないというのは。

アーマツ監督:どういう風にこのブロックシステムが必要かといったことを、理解してもらうのに時間がかかった。

 

――来季に向けて。

最初は体づくりでケガ予防。そのあとはチームのウィークポイントを直し、長所は伸ばす。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック