全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>天皇杯優勝特集 パナソニック川村慎二監督(前編)「やっと獲れたなあと。ほんま、やっと…という感じです」

インタビュー

2018-03-07 08:00 追加

天皇杯優勝特集 パナソニック川村慎二監督(前編)「やっと獲れたなあと。ほんま、やっと…という感じです」

パナソニック川村慎二監督インタビュー

V・プレミアリーグ 男子

平成29年度天皇杯を制したパナソニックパンサーズの川村慎二監督にお話を伺いました。監督就任後初タイトルとなったこの優勝について、リーグへの展望を交えつつお聞きしています。

 

──日本一おめでとうございます。監督として初のタイトルは、いかがですか。

川村監督:嬉しいです(笑)

 

──……それだけですか?

川村監督:やっと獲れたなあと。ほんま、やっと…という感じです。

 

──この優勝は川村監督にとって、とても大きかったのでは。

川村監督:僕にとってというより、選手にとって大きかったと思います。やはり決勝まで行っても、最後勝ちきれなかった3年間があって、こうやってタイトルを獲れたということは。優勝したあと、選手たちとも話していて、彼らも悶々としていたところがあったそうなんですね。それを、やっと勝てたのは、本当に良かった、プラスになったと思います。

 

──この3年間選手はフラストレーションがたまっていたのでしょうか

川村監督:それまで勝っていたので、それが勝てなくなったのはフラストレーションだったでしょうね。決して負け癖、勝てない癖ではないと思いますけど、そういうところもつきかけていたのが払拭できたと思います。

 

──今季川村監督が掲げている「誰が出ても勝てるチーム」として、勝ち切れたトーナメントだったのではないでしょうか。

川村監督:今回のトーナメント自体は、そんなにコロコロメンバーを変えていたわけではありません。だから、「誰が出ても勝てるチーム」という面からいうと、少し課題は残ったかもしれません。とはいえ、「誰が出ても勝てるチーム」は、今後も目指していきたいです。難しいことだとはわかっているんですけどね。天皇杯は4戦しかないので、あれがあの時のベストのメンバーでしたね。リーグでは、今後ファイナル6に入っていきますが(取材日は2月9日)、レギュラーラウンドでも、その時その時のベストなメンバーを考えて、いろいろ出してきましたし、彼らもいい働きをしてくれました。

 

──リーグでは、中盤くらいからどんどん若手を出して来ていますね。そして、出た選手もみんな期待に応えていると思います。

川村監督:「ベテランと若手との融合」というのもモットーにしているんですよ。若手にもどんどんチャンスを与えていますし、彼らもどんどん成長してくれています。

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック