全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>Vリーグ機構 新リーグ「2018-19 V.LEAGUE」の編成を発表

トピックス

2018-03-25 11:14 追加

Vリーグ機構 新リーグ「2018-19 V.LEAGUE」の編成を発表

2018-19 V.LEAGUE 参加チーム発表会見

V・チャレンジリーグ 女子 / V・チャレンジリーグ 男子 / V・プレミアリーグ 女子 / V・プレミアリーグ 男子

 Vリーグ機構は24日、オールスターゲーム女子大会終了後に今年秋に開幕する「2018-19 V.LEAGUE」参加チームの発表会見を行った。
 男女各チームから1名ずつの選手が参加し、パナソニックパンサーズ・福澤達哉選手と、久光製薬スプリングス・石井優希選手が代表で意気込みを話した。福澤選手は、「魅力あるリーグにできるよう、一緒に盛り上げていきましょう」と話し、石井選手は「最高のプレーをお見せし、たくさんの方々が会場に足を運んでくれるように努力します」と決意を述べた。

 編成は以下の通りで、女子のみ東西に分かれる。V1リーグは全チームが機構が定めたS1ライセンスを取得している。
 昨年12月に発表されたS1ライセンス取得チームのうち、女子のフォレストリーヴズ熊本は母体会社である株式会社熊本サービスセンターの業況悪化などにより、同社からVリーグ機構退社届の提出があったため、22日の理事会でライセンス取り消しが決定した。
 また、新リーグからの変更点として、所属選手は従来の外国人枠に加えて、アジア枠を新たに設定する。対象はASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国で、男子のみ中国、韓国、台湾の選手も認められる。さらに、移籍規定の見直しなども進められている。

■V1
【男子】
パナソニックパンサーズ
豊田合成トレフェルサ
JTサンダーズ
東レアローズ
ジェイテクトSTINGS
サントリーサンバーズ
堺ブレイザーズ
FC東京
大分三好ヴァイセアドラー
VC長野トライデンツ

【女子】
・Western Conference
久光製薬スプリングス
JTマーヴェラス
トヨタ車体クインシーズ
東レアローズ
岡山シーガルズ

・Eastern Conference
デンソーエアリービーズ
NECレッドロケッツ
上尾メディックス
日立リヴァーレ
PFUブルーキャッツ
KUROBEアクアフェアリーズ

■V2(取得ライセンス)
【男子】
富士通カワサキレッドスピリッツ(S2)
警視庁フォートファイターズ(S2)
大同特殊鋼レッドスター(S2)
トヨタ自動車サンホークス(S2)
つくばユナイテッドSun GAIA(S1)
埼玉アザレア(S2)
きんでんトリニティーブリッツ(S2)
東京ヴェルディ(S2)
長野GaRons(S2)

【女子】
JAぎふリオレーナ(S1)
トヨタ自動車ヴァルキューレ(S2)
大野石油広島オイラーズ(S2)
群馬銀行グリーンウイングス(S2)
柏エンゼルクロス(S2)
GSS東京サンビームズ(S2)
ブレス浜松(S1)
プレステージ・インターナショナルアランマーレ(S2)
大阪スーペリアーズ(S2)
ヴィクトリーナ姫路(S3 ※新規取得)

■V3 ※男子のみ
ヴォレアス北海道(S3 ※新規取得)
近畿クラブスフィーダ(S3)
ヴィアティン三重(S3 ※新規取得)
奈良NBKドリーマーズ(S3)
兵庫デルフィーノ(S3)
東京トヨペットグリーンスパークル(S3)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック