黒鷲旗 3冠のかかるパナソニックが決勝へ 女子は久光製薬とJTのカードに | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>黒鷲旗 3冠のかかるパナソニックが決勝へ 女子は久光製薬とJTのカードに

トピックス

2018-05-04 21:58 追加

黒鷲旗 3冠のかかるパナソニックが決勝へ 女子は久光製薬とJTのカードに

黒鷲旗5日目の結果

V1リーグ 女子 / V1リーグ 男子

第67回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会は4日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で男女準決勝各2試合が行われた。

男子は、4年ぶり13回目の優勝と、天皇杯、V・プレミアリーグに続く3冠が懸かるパナソニックが東レを接戦の末破った。初優勝を目指すジェイテクトは、FC東京1セット目に30点をこす競り合いを制し、ストレートで勝利した。ジェイテクトは昨日故障したカジースキを欠き、ルーキーの郡がレフトに入った。セッターの中根、オポジットの西田とコートのうち3人がルーキーという若いチームで勝利を掴んだ。

女子は、5年ぶり4回目の優勝を目指すプレミア覇者の久光製薬が前年覇者のデンソーにストレート勝ち。2年ぶり5回目の優勝を狙うJTはフルセットの接戦を制した。
決勝は5日午前11時から女子、男子の順番で行われる。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック