全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>李博「ラリー中の攻撃が決まり、気持ちよかった」 古賀太一郎「一つ一つクリアして形にしたい」 VNLイタリア戦コメント

会見・コメント

2018-06-11 17:48 追加

李博「ラリー中の攻撃が決まり、気持ちよかった」 古賀太一郎「一つ一つクリアして形にしたい」 VNLイタリア戦コメント

VNLイタリア戦 選手コメント

全日本代表 男子

 ネーションズリーグ男子予選ラウンド第3週・第3戦が10日、大阪市港区の丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で行われ、日本はイタリアと対戦。3-2(21-25、25-21、23-25,25-22、15-10)で勝利した。
 李博選手と古賀太一郎選手の試合後のコメントをお届けする。

■李博

 2連敗していて、ホームなので1勝したいという思いで、みんな攻める姿勢を持ってやりました。それが勝利につながったと思います。

 (11年ぶりの勝利は)嬉しいですね。勝利することでしか自信は生まれない。どんなによいゲームをしても負けたら負けた思いしか残らない。でも勝ったらいけるんじゃないかという自信にもなりますし、余裕も生まれます。そういった意味でも勝てたのは非常に大きかったです。

 よかったから関田が入りましたが、関田にもどこでも上げていいからと言ってあるので、そう言ったからには全部打とうと意識して入っていました。
 ラリー中にも決められて気持ちよかったです。それまであまり自分がぱっとしない試合が多かったので、チームに貢献できてすごく嬉しく思いました。

 ブロックはフィニッシュがよくなかったですが、タッチが増えたのは去年よりは少し成長した部分だと思います。あともう少し。ブロックは大事なので形だったり、さらに磨いていきたいです。

(日本ラウンド)最後まで熱い応援ありがとうございました。試合は続くので、1試合1試合大事にして経験を積んでいきたいと思います。チームとしては攻める姿勢を大事にして、サーブ力とサイドアウト力を成長させていきたいと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事