全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>ゲームレポート>U-18の水町泰杜、伊藤吏玖らが躍動。決勝戦ゲームレポート アジアユース男子選手権

ゲームレポート

2018-07-08 18:51 追加

U-18の水町泰杜、伊藤吏玖らが躍動。決勝戦ゲームレポート アジアユース男子選手権

アジアユース男子選手権 決勝戦ゲームレポート

全日本代表 男子

MVPを獲得したキャプテン・水町泰杜(左)とベストミドルブロッカー賞を獲得した伊藤吏玖(写真:AVC)

 
 第12回アジアユース男子選手権大会(U-18)は、6日、イランのタブリーズで決勝戦が行われ、日本は韓国と対戦。3-1(20-25、25-14、25-16、25-20)で勝利し、大会連覇を飾った。決勝戦のゲームレポートをお届けする。

 日本チームのスターティングメンバーは、4セットとも水町泰杜、柳北悠李、伊藤吏玖、岩本大吾、糸山大賀、重藤トビアス赳、荒尾怜音。

 第1セット序盤、7-4とリードするが、韓国のレフト攻撃、日本のスパイクミスで連続失点するが、重藤のレフトスパイクで8-6となり、テクニカルタイムアウトを迎える。

 中盤、韓国得意のBクイックをおとりにし、レフトから中に切れ込む攻撃を決められ、日本のクイックミスで8-8と追いつかれる。その後、水町のレフト攻撃や相手のクイックミスで10-8とするも、韓国に10-11と逆転される。岩本のブロックも出るが、ミスで得点を許し、日本が1回目のタイムアウトを要求。韓国のスパイクミスで12点にするも、韓国のブロックなどで12-16とされ、テクニカルタイムアウトに。

 伊藤のBクイックなどで2点を加えるも、ライト攻撃をブロックされ、16-20となる。ここで、柳北に代わり、松本喜輝を投入し、反撃を試みるが、韓国のサイド攻撃を止めることができず、20-25で第1セットを落とした。

 第2セットは序盤、両チームともに持ち味のライト攻撃で点の奪い合いとなるが、韓国の連続得点を許し、2-4とリードされる。そこから水町のバックアタックやレフト攻撃で6-5と逆転。しかし、韓国も加点し、1回目のテクニカルタイムアウトとなる。
 
 韓国にサーブポイントを許すも、重藤がレフトからストレートを決め、水町が左利きのライト攻撃を2本連続でブロックし、10-9とリードする。その後、サーブミスで同点とされるも、柳北のバックアタックや伊藤の連続サーブで加点。13-10とリードしたところで韓国がタイムアウトを取る。波に乗った日本は水町のサーブ時に岩本のブロックが出て16—12とし、テクニカルタイムアウトを迎える。

 伊藤のブロックや重藤の攻撃、水町のバックアタックで18-12として、韓国が2回目のタイムアウトを要求。終盤、韓国にレフトから反撃されるも、岩本のサーブが連続し、相手のミスにも助けられて23点目を取る。韓国にスパイクを決められるが、糸山の好サーブで相手のスパイクミスを誘い、このセットを25-14で奪う。

写真:AVC

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事