NEC、カザフスタンのアルタイVCにストレートで勝利し、決勝進出 2018アジアクラブ女子選手権 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>NEC、カザフスタンのアルタイVCにストレートで勝利し、決勝進出 2018アジアクラブ女子選手権

トピックス

2018-07-18 09:01 追加

NEC、カザフスタンのアルタイVCにストレートで勝利し、決勝進出 2018アジアクラブ女子選手権

アジアクラブ女子選手権大会 準決勝の結果

V1リーグ 女子

 2018アジアクラブ女子選手権大会は、17日、カザフスタンのオスケメンで準決勝が行われ、日本から出場しているNECレッドロケッツは、地元・カザフスタンのアルタイVCと対戦。3-0(25-20、25-17、28-26)のストレートで勝利し、決勝進出を決めた。

 アウェーの大歓声の中、セッター・塚田しおりのトスワークから、キャプテン・柳田光綺や、廣瀬七海、山内美咲らサイドアタッカー陣が決め切り、リベロ・岩﨑紗也加を中心としたディフェンスも機能して、2セットを連取する。
 第3セットは、相手の高さに苦しむが、上野香織、山田二千華のミドルブロッカー勢がブロード攻撃などで存在感を発揮。ジュースにもつれこむ大接戦となったが、最後は廣瀬のレフトからのスパイクが決まり、28-26でセットを奪い、勝利した。

 18日の決勝戦では、予選リーグでフルセットの激闘となったタイのSupreme VCと再び戦う。


写真:AVC

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック