全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子は白鳥勝浩 /ThomasHartles組、女子は西堀健実/草野歩組が優勝。ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第9戦 都城大会/第19回霧島酒造オー プン

トピックス

2018-09-18 11:29 追加

男子は白鳥勝浩 /ThomasHartles組、女子は西堀健実/草野歩組が優勝。ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第9戦 都城大会/第19回霧島酒造オー プン

ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第9戦 都城大会最終結果

ビーチバレー

 「ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第9戦 都城大会/第19回霧島酒造オープン」は15~17日の3日間、霧島ファクトリーガーデン(宮崎県都城市)にて開催された。

 最終日の17日は、男女の準決勝、決勝が行われ、女子準決勝の第1試合は西堀健実/草野歩組と幅口絵里香/坂口由里香組が対戦。西堀/草野組が2-1(21-14、12-21、15-9)のフルセットで勝利し、決勝に駒を進めた。続いて行われた第2試合は、溝江明香/橋本涼加組と永田唯/熊田美愛組が対戦。各セット接戦となったが、永田/熊田組がストレート(21-19、21-19)で勝利し、ペアとして初の決勝進出となった。
 女子決勝は、西堀/草野組がストレート(21-17、21-13)で勝利し、ジャパンツアー今年2勝目を果たした。

 一方、男子準決勝第1試合は、髙橋巧/石島雄介組と畑辺純希/西村晃一組が対戦。髙橋/石島組がストレート(21-15、21-13)で勝利し、決勝進出。清水啓輔/長谷川徳海組と白鳥勝浩/ThomasHartles組の1戦は、白鳥/Hartles組が第1セットを18-21で失うが、第2セットは21-18で取り返し、フルセットに。最終セットは白鳥/Hartles組が15-9で奪取し、決勝進出を果たした。
 男子決勝は、第1セットを髙橋/石島組が21-19、第2セットを白鳥/Hartles組が21-17で取り、フルセットに。しかし、最終セットは試合中に石島が負傷(太腿の痙攣)。プレーを続行できず途中棄権となり、15-9で白鳥/Hartles組の優勝が決定した。

 最終順位(3位まで)は、以下の通り。

 【男子】
 1位:白鳥勝浩/ThomasHartles
 2位:髙橋巧/石島雄介
 3位:畑辺純希/西村晃一、清水啓輔/長谷川徳海

 【女子】
 1位:西堀健実/草野歩
 2位:永田唯/熊田美愛
 3位:幅口絵里香/坂口由里香、溝江明香/橋本涼加

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事