全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>ゲームレポート>堺対東レ3 セット

ゲームレポート

2009-04-03 19:33 追加

堺対東レ3 セット

立ち上がり北島のノータッチエースでスタート。 東レはスタメンに 角田に代わり今田を起用。 一点をとりあう展開となり、最初のテクニカルタイムアウトは東レが篠田の速攻で8-7 堺にミスが続いて、10-7で堺のタイムアウト。石

V・プレミアリーグ 男子

立ち上がり北島のノータッチエースでスタート。

東レはスタメンに 角田に代わり今田を起用。

一点をとりあう展開となり、最初のテクニカルタイムアウトは東レが篠田の速攻で8-7

堺にミスが続いて、10-7で堺のタイムアウト。石島にかえて西尾を投入。

阿部の痛恨のツーアタックミスで同点に並ばれ、西尾のスパイクで逆転。

この試合効果的な角田、阿部のフローターサーブで崩し、デュースまで詰め寄ったものの、最後はボヨビッチが連続してとめられ、堺のストレート勝ちが決まった。

ヒーローインタビューは朝長。レギュラー四連敗の相手だったので、挑戦者の気持ちで頑張ったという。

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック