全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>中田久美監督「サーブで相手を崩しきれなかった」古賀紗理那「決めなければという気持ちが強すぎて冷静に打てなかった」 世界選手権 ドミニカ共和国戦 記者会見コメント

会見・コメント

2018-10-08 14:17 追加

中田久美監督「サーブで相手を崩しきれなかった」古賀紗理那「決めなければという気持ちが強すぎて冷静に打てなかった」 世界選手権 ドミニカ共和国戦 記者会見コメント

全日本代表 女子

●ドミニカ共和国チーム

■ベタニア・デラクルス主将

今日の試合は私たちにとって難しいものになると予想していました。日本は大変ディフェンスがよいチームなので簡単には勝てないと思っていました。しかし、私たちのチームは最後まであきらめずに戦うことができたとは思っています。明日の試合に向けて、準備を進めていきたいと思います。

■マルコス・クビエク監督

この試合に勝ちたくて準備をしてきました。2セット目から調子を取り戻し、勝てるかと思ったのですが、最後のセットを落としてしまい、残念な結果になってしまいました。でも、チームとしてはかなり競った試合をできたことはよかったと思っています。

写真:黒羽白、堀江丈

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事