全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>新鍋理沙「どういう状況でも、どんな役割でも、自分のやるべきことを果たしたい」 世界選手権ブラジル戦コメント

会見・コメント

2018-10-12 19:02 追加

新鍋理沙「どういう状況でも、どんな役割でも、自分のやるべきことを果たしたい」 世界選手権ブラジル戦コメント

世界選手権ブラジル戦 新鍋理沙選手のコメント

全日本代表 女子

 11日に日本ガイシホール(名古屋市)で行われた女子世界選手権第2次ラウンド最終戦、ブラジル戦後の新鍋理沙選手のコメントをお届けする。新鍋選手はこのセットをとれば第3次ラウンド出場が決まる第1セットでスタメン出場し、ブロックポイントで25点目を決めた。

――いちばん大切な試合のスタートに起用されて。

新鍋:最近はあまり調子も良くなかった。でも今日は1セット目がすごく大事だと思って、いい緊張感で入れました。1セット目終盤まで相手に押され気味でしたけど、エリカさん(荒木絵里香選手)のサーブで、あそこからすごく流れが変わって。最後勝ちきれなかったのは残念でしたけど、次に繋がる試合になったと思います。

――中田久美監督の信頼を感じたのでは?

新鍋:どういう状況でも、どんな役割でも、自分のやるべきことを果たしてチームに貢献したいと思っています。

――第1セットの最後は新鍋さんのブロックだったと思いますが、どんな気持ちでしたか?

新鍋:ホッとしました。レフトにリリースしてもいいよとコーチから言われていたので、しっかりそれに対応できました。1セット目が本当に大事だと思っていたので、とりきれたことは…ホッとしました。

――3次ラウンドに向けて、抱負をお聞かせください。

新鍋:これまで以上に苦しい試合になると思いますけど、やってきたことを自信を持ってやるだけですね。

写真:堀江丈

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事