全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>石島雄介/上場雄也組が日本男子初の銅メダルを獲得 ビーチバレーボールアジアツアーマスター・ドーハ大会

トピックス

2018-12-01 23:36 追加

石島雄介/上場雄也組が日本男子初の銅メダルを獲得 ビーチバレーボールアジアツアーマスター・ドーハ大会

石島/・白鳥組が銅メダルを獲得 アジアツアーマスター・ドーハ大会

ビーチバレー

 アジアバレーボール連盟(AVC)が主催するビーチバレーボールアジアツアーマスター・ドーハ大会は11月30日に3位決定戦が行われた。 
 ペアを組んだばかりの日本代表、石島雄介/上場雄也組は、カザフスタンのSidorenko/Dyachenko組と対戦。2-1 (17-21, 21-19, 15-12)で勝利し、銅メダルを獲得した。
 過去にはアジアツアーの前身「アジアサーキット」の2001年4月タイ大会で、渡辺聡/白鳥勝浩組が金メダルを獲得しているが、名称変更以降、男子でメダルを獲得したのは、今回が初めてとなる。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事