全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>パナソニック川村慎二監督「アクシデントはつきものだが、対応できなかった」天皇杯準決勝会見

会見・コメント

2018-12-26 12:19 追加

パナソニック川村慎二監督「アクシデントはつきものだが、対応できなかった」天皇杯準決勝会見

天皇杯準決勝 パナソニックのコメント

V1リーグ 女子

12月22日に行われたバレーボール全日本選手権(天皇杯・皇后杯)準決勝、パナソニックパンサーズと東レアローズは、3-2で東レが逆転勝ちした。記者会見の模様は次の通り。

白澤「自分たちが招いた敗戦」

■パナソニックパンサーズ

●深津英臣
2セットをとってからアクシデントがありながら続けましたけど、相手に負けたというよりは何か足りなかったのかなと。ただ、東レさんには明日頑張ってほしいです。

●福澤達哉
3セット目、相手に凡ミスが出て追いついたけど勝ちきれなったのがうちのチームの課題だと思います。やっぱりあそこで側から見たら、クビアク(・ミハウ)がケガしたからと言われますけど、残りの5人、6人や(クビアクの)代わりのメンバーが入ってきますので、そこで(セットを)取りきれないと連覇できないと思う。

●白澤健児
今日は自分たちが招いた敗戦だと思う。(リズムに)乗れる時に自分たちがミスをしてしまった。今日は淡白なミスが非常に多かった。サーブとブレイク、は比較的レシーブが上がっていたけど、サイドアウトというポイントで、ちょっと単純なミスが出てしまい、なかなか乗りきれないというのがあった。そこが敗因かなと思う。

――深津さんに。クビアクの怪我は具体的に?

深津:僕たちもまだわからないという状態。これから病院に行くでしょうし。

――深津さんに。リーグの時と東レが(試合出場メンバーを)ちょっと代えてきていると感じる部分があったと思いますが?

深津:僕らが東レさんとやったのは、1レグの1週目。そこからかなり空いて、その時は外国人(選手のアントニン・ルジェやアウン・トゥ)もいなかったし、李(博)選手や高橋(健太郎)選手もケガしていた状態だった。今日の試合をやる前から、今日の東レはリーグの東レと違うと思ってやろう、と僕の中で決めていた。それでも東レさんというのは、昨年の天皇杯の準決勝でも戦ってフルセットだったし、どれだけ2セットを取っても、3セット取ってきたり、点差が離れても追いついてきたり。今日は苦しい試合になるとわかっていた。2セットを取って、(あとは)3セット中、1セットを取れば終わりなのに、1セットも取れずに終わったのは、素直に自分たちの力がこれくらいなんだとわかったと思う。努力してまた強いチームを作っていけたらいいなと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事