全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>黒後愛「20歳になって少し余裕ができたかも。2019年は『忍耐』耐えて戦い抜く! です」(後編)

インタビュー

2019-01-11 17:00 追加

黒後愛「20歳になって少し余裕ができたかも。2019年は『忍耐』耐えて戦い抜く! です」(後編)

東レ・黒後愛インタビュー(後編)

V1リーグ 女子 / 全日本代表 女子

バレーボール日本代表として世界選手権代表に出場し、東レアローズのエースとしての新リーグ「V.LEAGUE(Vリーグ)」を戦っている20歳の黒後愛選手にインタビュー。後編では20歳になっての変化や、東京オリンピック前年の2019年を迎えた今のオリンピックへの思いも語っていただいた。

写真:黒羽白

──20歳になりましたね。さすがにお年玉はもうないですか?(笑)

黒後:去年はもらいましたが、もう大丈夫です、いらないです。

──20歳になって人間的には何か変わりましたか?

黒後:高校の記憶が薄れてます。制服を着ていた自分が懐かしすぎて……。あの時と今の自分を比べたら全然違うなって。高校生のときに見てきた世界と今見ている世界……高校生のときに同じものを見ていたとしても、今だったら違うふうに見えているなって感じます。この前久しぶりに高校(下北沢成徳高等学校)の職員室に行っていろんな先生と話をしたんですが、私のことをよく理解してくれている先生が「変わったね」って。

高校生のときは、いろんな方とお話することがほとんどなかったですし、自分から人に話しかけることがまずなくて、学校でも「バレーどっぷり」でバレー部と担任の先生としか話さなかったので、全然違います。今はいろんな人と話をしますし、自チームの選手との会話も前より増えました。たわいもない話をよくするようになりました。いろんなことを楽しみながらバレーも充実させるというイメージです。

20歳になって、2年目になって少し余裕ができたかも。1年目は自分の中であたふたしているイメージでしたが、今はいろいろ客観視できるようになって……自分を外から見ているみたいな。部屋もそうですね。前はすさまじかったんですが(笑)今はモノも減ってすっきりしてきれいですし、バレーのときでも自分にイライラしてしまって、勝手に自滅というパターンが多かったんですけど、今はいい意味で仲間に頼れていますし、プレーも1年目よりは落ち着いていろいろできているかなと思います。

──大人になった?

黒後:あー言われます。「大人になったね」って。髪の毛伸びてきたし。

──伸ばしてるんですか?

黒後:伸ばしてます! 伸ばしたいんですよ。とりあえず「結ぶ」までいって考えます(笑)

──人生の中で一番、髪が長かったのはいつですか?

黒後:幼稚園かな……小学生でも肩ぐらいまでだったので。

──長い髪も似合いそうです。「女子力アップ」としてはどんなことを?

黒後:うーん…。あ、パスタをゆでました(笑)もう成長ですよ。キッチンにも立とうとしなかった私がパスタをゆでたっていうのは奇跡に近いです。ほめてくれますか?(笑)

──すごい!(笑)周りの反応はどうでした?

黒後:「ゆでるの? やるの? 大丈夫?」って同期から言われました。「大丈夫だよ」って言いましたが、IHのつけ方がわからなくて最初からあたふた、みたいな(笑)最初から手伝ってもらっちゃいました(苦笑)

──料理は好きじゃない?

黒後:好きじゃないことはないんですけど、やろうとしないですね。休みになっても「料理しよう」とはならなくて……。一人暮らしをしたら変わるかもしれないですけどね。25歳からなのでまだまだです。

──お菓子とかイベント的なものは作らないですか?

黒後:クリスマスに作ろうと思ったんですけど、やらなかったですね。いつもやろうと思うで終わる(笑)

──黒後選手は意外とめんどくさがり屋ですか?(笑)

黒後:けっこう! まあ……(寮にいると)チームが食事など準備してくれますから。

──20歳になってお酒も飲めるようになりました。飲んだりしますか?

黒後:はい。でもあんまり強くないんです。練習中です。久光製薬の選手めちゃカッコいいんですよ。リサ(新鍋)さんとかユキ(石井)さんとか、ビールとか飲むのでカッコいいなあって見ています。私はまだまだです(笑)

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事