全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>パナソニック川村慎二監督「(福澤達哉が間に合っても久原翼先発は)単純に久原が良かったからです」

会見・コメント

2019-01-30 16:56 追加

パナソニック川村慎二監督「(福澤達哉が間に合っても久原翼先発は)単純に久原が良かったからです」

1月26日ジェイテクト戦のパナソニック記者会見

V1リーグ 男子

1月26日、松本市総合体育館で行われたパナソニックパンサーズvsジェイテクトSTINGSの試合の記者会見コメント。試合は3-0でパナソニックが勝利した。

パナソニックパンサーズ
深津秀臣主将
とにかく勝てて、勝ち点3とれてよかった。でも、西田選手から代わって入った袴谷選手に決めさせすぎた。久原が1本いいところでブロックを決めたけど、それ以外のところをもう少し止めるなり拾うなりするべきだった。1セット目いい形でとって、2セット目相手に3点走られてしまった。まあ、そこから逆転できたから良かったですけど、ファイナル6とかファイナル3とかファイナルとかになると、あれで2セット目とられて、勢いに乗られて危ない試合になることもすごくたくさんあると思います。ですから、今日は勝ててよかったですけど、あの2セット目の入りについては反省して、しっかり次に活かしたいかなと思います。

久原翼選手
結果的に3-0で勝てたことはすごく良かったと思いますけど、さっき深津さんも言いましたけど袴谷さんに決められすぎてしまいました。1本止めましたけど、それだけだったので、もっと早く対応しなければならなかったと思います。そのままだと3セット目をとられてしまったり
そこはしっかり反省して、また明日頑張りたいと思います。

――深津選手に。今日はどんな攻撃の意識を持っていましたか。
深津:相手の中国のミドル方が大きいので、正面は避けて組み立てました。

――久原さんに。ここしばらくスタートからの起用が続いていますが、出続けていることで得られたものがあれば教えてください。
久原:途中から入るのと、スタートから入るのでは、モチベーションの面で少しだけ違うのかなと思っています。初めの方はやっぱりうまくいかないことが多かったですけど、徐々になれてきて、まだまだチームに貢献できているというわけではないので、もっともっとできることをふやしていて、チームに貢献できる選手になりたいと思います。

川村慎二監督
サーブからブロックとディフェンスと、うまく機能した試合だったと思います。ただ単発なミス、たとえばレセプションを乱されるミスとか、こぼれ球を拾いきれてないところが見られたので、そこを改善して明日も臨みたいと思います。

――2セット目に3-0で走られたのは。
レセプションのミスですね。それだけです。

――福澤達哉選手がベンチに戻ってきましたが、久原選手がスタメンなのは?
川村:単純に、久原がいいので、使っています。久原も使い続けてきていることで、よくなってきていると思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック