全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>主将に聞く 東レアローズ・星野秀知「技術はねえけど、気持ちだけはブレねえぞ!!っていう意気込みでいます」

インタビュー

2019-02-06 18:00 追加

主将に聞く 東レアローズ・星野秀知「技術はねえけど、気持ちだけはブレねえぞ!!っていう意気込みでいます」

主将に聞く 東レ・星野秀知

V1リーグ 男子

東レアローズの星野秀知主将にお話を聞いた。開幕記者会見では、「僕は、(試合に)出ない主将なんで」と謙遜していた星野だが、今季は安定してレフトの1角を担っている。リーグは序盤けが人が多発して負けが混んでいたが、天皇杯では準優勝を果たした。その後はパナソニック戦を落としたものの、好調を維持している。

――天皇杯以来調子がいいですね。パナソニック戦は黒星でしたが。

星野:パナソニック戦については、競っていても終盤向こうにやられてしまうのは、うちのバレーが幼いというか、向こうが大人だったということですね。でも幼いということは伸びしろがあるということでもありますから、そこはしっかり修正していけたらと思います。僕自身も、周りにどんどん言っていかないといけないかなと思います。

――どんどん言っていかないといけないと言われましたが、キャプテンとして、具体的には?

星野:ローテごとの、サーブを打つまえにいろいろ指示を出さないとと思います。ダイレクトが来たらこうしろよとか、チャンスボールが来たらこうしろとか。ここしばらくミドルでミスが目立つ。そしてサイドも、本当はサイドプレーヤーがつなぎの面で両方やっていけばいいのですが、結構アウントゥが細かいプレーはあまりうまくないので、そこも指示していかないといけないですね。

――時々ぶつかったり、お見合いしたりしていますもんね。

星野:そういうのをなくしたい。上がったボールをしっかりトスにしていかないといけない。

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事